1. 歌詞検索UtaTen
  2. ザ・ルーズドッグス

ザ・ルーズドッグスの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ONE DAY

今ならきっと 迷わずきっと 君に伝えられるだろう 胸にしまって言えなかった I

しょぼい顔すんなよベイベー

しょぼい顔すんなよベイベー しょぼい顔すんなよベイベー きっと素晴らしい未来が待ってる 今さらだけどお前に言うよ

心じること

誰かのために生きてゆくのは 虚しいことだと思ってたけど 誰かのために生きられるのは この上などない喜びと知る

君と指輪

大好きだよ大好きだよ君と君に貰った指輪 大好きだよ大好きだよ君と君に貰った指輪 君がくれたお揃いの銀色の指輪 慣れない指輪をしてみた僕は少し戸惑い気味で

グライダー

今じゃ昔のことのような気もするけれど 考えてみりゃ何も あの日から変わっていないな 年取ったぐらいだ

奏愛~かなであい~

思い通りになる事 そんなにないけど 多くはないけど また 微かな期待の中で

平成コンプレックス

誰かの真似なんて死んでもしない 名の知れた英雄みたいになりてぇな 誰かの為なんて性に合わない 満たされてるようで何か足りない

老若男女

長い長い道のり 歩くのは自分だろ? 間違ってるかどうかなんて 確かめるだけ損だろ

ダイジョウブ

そんなに弱気にならないで うまく行かない日は誰にだって あるはずさ 教えて神様

ステレオ

ステレオから聞こえる歌声にあこがれていた 今の僕はまだ程遠い 言わばただのうるさいノイズ ずっと君に聞かすには

コバルトブルーの下で

コバルトブルーの下で 鳥がチュンチュン鳴いてる 「まるで鳥の成る木のようだね」と笑った アスファルト雨に濡れた

ドライブ

ここの所下り坂が続いて ジメジメしてるけど 週末の天気予報は快調 信じてみるとしよう

アパート

環状線の灯りは夜中でも カーテンの隙間を縫って部屋に漏れる 30代の半ばを過ぎたぐらいの 隣人とは互いに無干渉

Goodbyeからはじめよう

Goodbyeからはじめよう... 「もうダメだ!」と思うそんな時こそチャンスさ 今ならきっと言えるだろう 「ここからが勝負だ」

answer

一体何が見えるの そこでは何が見えるの 知りたくて知りたくて 曲がりくねった道 歩いてきた

シカゴ23

マイケルジョーダンのように バスケットボールがやりたいんだ 1、2、ダンクシュート

(魚)

君と魚になってもう一度 まっ広い海へ抜けて行くんだ もう戻って来ないけど それはそれとして

手拍子

あなたの拍手と手拍子 あなたの拍手と手拍子があれば 頑張れる気がしてるよ さぁ 準備ができたなら

FINE

そこにあるものが 大切なものか それを知るために 歩き続けてる

ドーナツ化現象

どっかで聞いた事あるような歌 テレビでも ラジオでも 恋人の車の中も どこでも流れてる歌

恋におちて

一人ぼっちの僕の部屋 窓に張り付いている 世界 いつも変わらずつまらない

君とまた逢うために僕がすべきこと

どんなに離れてても どんなに傍にいても 変わらない どこにいても決して一人ではないと思える喜び それを教えてくれた

GO MY WAY

GO MY WAY!!

バンブロック

パンクロックをパンダっぽく パンクロックをパンダっぽく やっと帰って来たんだ 一回りしてきたんだ

Mr.ミラクルマン

こだわりを貫いてたら 君にまで愛想つかされたんだ 何から何までお手上げ 傍にいないのがこんなにも 寂しい事だとは知らなかった

夜になれば

思いがけない 人の優しさに 涙はやってくる 時に立ち止まり 道に迷った時

サバイブ

逃げ出したい衝動をこらえるも 涙を止める術はなくて あられもない妄想に囚われて 夜をやり過ごしているんだけど

a boy

何度... 泣いても立ち止まってくれはしないね 何度... 引き止めてもそうさ君は BYE

ラジオガール

Dear My Radio Girl...

恋のうた

赤いくちびるの彼女は きっと恋をしてるんだろう そのくちびるで口笛吹いてる あの名曲 僕がかけ足で

全て見る