1. 歌詞検索UtaTen
  2. ジェロ

ジェロの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

津軽恋女

津軽の海よ 竜飛岬は 吹雪に凍えるよ 日毎夜毎 海鳴りばかり

海雪

凍える空から 海に降る雪は 波間にのまれて 跡形もなくなる

かえり船

波の背の背に ゆられてゆれて 月の潮路の かえり船 霞む故国よ

荒野の果てに

風吹き荒れ 雨が降りつぐ 恋をなくした 男の背中に 広い荒野の果てを

そして神戸

神戸 泣いてどうなるのか 捨てられた我が身が みじめになるだけ 神戸

ひとり舟

流されて 流されて ビルの谷間の なみだ川 立つ瀬なければ

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの娘は うぶなのか なぜに泣かすか

小さな窓から見える この世界が僕の全て 空の青さはわかるけど 空の広さがわからない いつか山の向うから

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴を 無邪気だったあの頃 今は願いごと 折ってたたんで

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

ワインレッドの心

もっと勝手に恋したり もっとKiss を楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより

あ・いた

あ・いた つまずいて 思いがけない 悲しみもおぼえ 暗い顔に

思秋期

足音もなく 行き過ぎた 季節を ひとり見送って はらはら涙あふれる

Christmas Eve

Today's Christmas Eve And I

聖母たちのララバイ

さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを

セレナーデ

涙色 夜霧に 消えそうな 星屑よ さよならですか

契り

あなたは誰と 契りますか 永遠の心を 結びますか

嘘泣き

悲しすぎると 泣けないね なみだが胸で 凍りつく・・・ でも笑うほど

初めての街で

初めての街で いつもの酒 ちょっと気取って 一人ぼっち 初めての人と

やんちゃ道(クレヨンしんちゃん ED)

泥んこで泣かされて帰って来ても 鼻水垂らし 笑顔を作ってる 負けん気なあたしに似て 強がりで

愛をありがとう

あなたの笑顔に いつも支えられ あしたを信じて 強く生きてきた 世界にひとつの

人生晴れるや~桜花乱舞

男 男は 夢を持ち 君が 君が

ねがい

何を今日は求めて生きた 淡いたそがれ 町をやさしく閉す ひとりそっと見上げる空に 夕星ひとつ輝く

夢ん中

指のつめたさ うなじの細さ 肩のはかなさ まつ毛の長さ すべて重たい

ノラ

やめて…下手な嘘 抱いて…今はただ 雨にぬれたノラ 帰りついたあんた… いい女なら

爪跡

答えなんか 無いのでしょう 二人の行く先に ただ 今は

手紙を書いてよ

こんなに遅くまで起きていて 眠れなかったのかい ひとりで泣くのなんておよしよ 月明かりの夜 ここから君の部屋が見えるよ

試練

風が吹く日暮れの道 どこまで行けば いいのか 風来の男ならば 待ってる宿もない

晴れ舞台

世間のニュースによく似た色の 今夜も暗い幕が開く 眩しいライトに目をつむる度に 思い出すのさ あの笑顔

氷雨

飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない 誰が待つと言うの

全て見る