1. 歌詞検索UtaTen
  2. ヤなことそっとミュート

ヤなことそっとミュートの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

HOLY GRAiL

狂い咲く恋刻み込む 透明な季節に つづく扉の鍵 それが痛みでもよかった

ルーブルの空

ああ 僕が笑う あの日描いたフレームの中 油彩の青空覗いてみれば 胸の奥がささくれた

No Regret

そうして僕は見ていた 薄暗いシアターと夢 ノックされる冷たいドア 居留守を使って一人 むさぼるワールド

Any

今 走り出して飛んだ なんだっていいや いつか灰になる なら自由に

カナデルハ

私らしさを歪める無表情の"いいね!" そんなの誰もいらないんだ 羨ましいの先に待つ kawaiiはDisappear 飲み込まれずに

Stain

どっか遠くへ 聞こえるはずのない 声が溶け込けんだ そんな雪催い 痛いくらいの静けさに一人で

Reflection

冷たい風が舞って 芽吹く臆病のたねが 私の声奪って育っていく クチナシの花 顔のない視線に怯え

No Known

千にほどけたイメージが舞って なんか上手に歩けないんだ 宙に浮かんだ それぞれは知ってる ああ

Done

うなじそよぐ甘い風 感じたよ 金魚模様の朱い浴衣 過ぎる 他人の熱に

天気雨と世界のパラード

空模様はちょっとアイロニー グレイをもっと濃く照らす ばら色の日々なんてない そう示すように 今日を止まり木に

クローサー

遠く向こう 君の声聞こえた 朝露を裸足で蹴った クローサー 洗いたて新しい

AWAKE

消えてしまいそう 朝の粒子に 反射して舞う 身体不安定 プラットホーム

orange

だんだん移ろっていく 季節の匂いを回路に 管制塔に哀の灯ともって 赤く滲んだ 見慣れた街並みを

GHOST WORLD

あの丘に降る雨を 何に例えよう 君と今の僕じゃ 違っているだろう 夢から目覚めた

Phantom calling

高層タワーがきれい 立ちすくむ "不穏で" 逆さまの 空飛ぶ

Palette

冷たい雨の匂い 空は今日も晴れない 「惨めだ」って動いてた唇 目を閉じて広げた 悔いで濡れたパレット

am I

船が浮かぶサイレンス 白い月は知らぬ顔をしてスリーピング 私は私を抱えきれないの 未来を食らう波の音で ただ理性を保っている

Uronos

開いて 閃く この素晴らしい世界を 閉まって 枯れ果てる

Nostalgia

高架下に響いた笑い声は 神様の孤独を汚していた 裏ぶられた画家は眉を潜めて 幾ばくかの才能を取り戻した

sputnik note

ふわりふわっと根もなく 宇宙を行くスプートニクは 有形無形の不安を 形容詞にして 中間でさまよってる

燃えるパシフロラ

あてこすりの日常 嫌んなっても つないだ想いは 明日のペース でも迷ってる

see inside

inside of me さ迷う 濡れた靴は朝日で乾いていた

morning

太陽が沈んだそのあとで ディレイしたままのデイドリーム いつかは現実になるのかな だなんてね、そうじゃないと呟いた