1. 歌詞検索UtaTen
  2. 一世風靡セピア

一世風靡セピアの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

前略、道の上より

(素意や 素意や 素意や) (素意や 素意や

SHIBUYA

人の波の中を お前の手を引いて 俺の街に 粋に二人くり出そう

セピアカラー

Don't forget, Don't forget, Don't

こっちから願い下げだぜ! ~OVER THE END~

一つめの願い 何もかも忘れ 夢中になってみたい 二つめの祈り 俺は何をする為に生きりゃいいか?

汚れつちまった悲しみに…(魁!!男塾 OP)

汚れちまった悲しみに 俺の青春もナンボのもんじゃい ああ、お前は今まで何をしてきたんだと 風にふと問われた

花鳥風月

目の前を過ぎった 総てに背を向けて 睨みつけながら 辺りを見渡したら 叩きつけられ

善い酔い嘉い

東の都へ行くすゑは 善い・酔い・嘉い 時間の速さに負けてちゃならぬ 西の都へ行くすゑは

夢色一つ飛び!

男と生まれりゃ 道へ一つ飛びよ!わっしょい! 女と生まれりゃ 恋へ一つ飛びよ!わっしょい!

風の唄

ふらりふらり抜けて ふらりふらり吹いた 夏の風はふらりふらり 夏の風はふらりふらり

セピア狂想曲 ~暗褐色ラプソディー~

桜の花が舞う こち風に吹かれて 糸遊が朧に 霞麗かに 土が跳ねた

幾時代ありまして(魁!!男塾 ED)

好きな物程とりあげられ 俯く癖がついた 好きな人程離ればなれ さよなら癖が染みる

賽を振れ!

光眩しい夢を 近頃やけに見るぜ 闇を行く BLESS A

THANKS

若い奴等に 出て行けよと 街を追い出され とんだ幕切れさ ふと振り返れば

我が愛しき犯罪者たち

メロディー fall off place 又見つかっちまった……

戦いの唄

俺達ゃ祭りの汗掻き男さ 俺達ゃ祭りで夢を見る 俺達ゃ祭りの汗掻き男さ 俺達ゃ祭りで夢を食う くだらぬ愚知など今夜はよそうぜ陽気にやろうや

ETHNIC TOWN

Go way take me たった一人

ZOYASSA

響く地の声遥か 彼方に想い寄せる 誰に祈れば 望みが叶うのか それより私は

輪の中より、草々

流るる薫風葉柳へと はれぎは雲刷き翳りなし 空蝉の瞳や 我射る様に道指す 舞うは我一つの体

道からの組曲

爽頼の響きに目覚め 霧の紛れが 瞳覆う 色も見えぬ風に巻かれ 傷つくと知りつ飛び出す

倭国無情、春らんまん

心まで移りゆく よしなしごとさえ そこはかと 人色づき つれづれ

?HOTEL

セコイアの 葉翳 男女二つ 別れ どうせ一所

月姫と右京太夫の恋煩い

月影 朧 草木も沈まり 忍び寄る影が二つ流れてく 涙がきらりん

CUT & DOWN

そこから先がいつも言えない SHA-LA-LA-LA いつも台詞は同じさ どうしてなのかわからないけれど 歩いて行きたいさ…そいつが言えない

通りNOATELIER(アトリエ)

仲間に笑われて それから 言い出せない この路地を曲がり 小さな

晴れに唄えば

I know a guy who

神の摂理を知らされたまふ

この世界中の女の涙は いつでも量など同じさだろう? 泣いてる奴達がいるかと思えば 何処かで笑った声が聞こえる 神が決めちまった摂理に

有触れた恋のメロディー

有触れた日々を 恨むとこぼし それから奴は 無口になった 惚れたと一言

未だ遠い道

宵は時折の滲む光掻き消し 星の囁き聞く度ふと振り向く けれどこれからも歩く行方見ずに 漂よう果て迄やけに切なく ああ二人暮れる日々を黄昏の影を寄せて

落日間際の秋

流れていく静寂の向こうに 落日仰ぎ乞願う 幾度となく問い返した道を 今宵再び巡らそう

DAY LIGHT

熱い光走り 今 欲しいものは 窶れた日々との語らいだけ 嘗ては…などと

全て見る