1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中田裕二

中田裕二の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

正体

教えてよ本当ならば 興味もない筈だよ 僕だけに許したのは 疑う余地もない 紛れもない

ラフター・パーティ

間に受けない やり合わない ただ時間の無駄さ 群れたくない 関わらない

KILL YOUR SMILE

利口そうで 物わかり良い風に してたら 簡単に 自惚れたような目つき

Deeper

問いかける現在は 黙り込んだまま 水槽の底で 静かに眠った

STONEFLOWER

気だるさとやるせなさが こめかみを締めつける まだ響く頭を抱え 朧げに聞くニュース

ロータス

やがて雨あられ過ぎ去って 鳥のさえずりと朝は来る 何処で どうやって君は来た 手繰り寄せる糸の向こうから

彼女のレインブーツ

少し好みと違った だけど惹かれてしまった さりげない出会いとは かけ離れていた 薄化粧だと余計に

ベール

口程にも無い男なんだって 君の目に狂いが生じた 頭でばかり答えを探して いままでは そう

モンロー・ウォーク

つま先立てて海へ モンロー・ウォークして行く いかした娘は誰? ジャマイカあたりのステップで

何故に今は在る

干涸びた向日葵 夏もまた過ぎ行く 蝉の声も絶え絶えに 命を乞う

青天井のクラウン

道化師は踊る 人垣の舞台で 悲しみの唄を紡ぐために 祈りを込めている

LOVERS SECRET

抱きしめたくて 今すぐ手を差しのべて 夢をさまよう 現実に僕は溺れて

ロマン

たった ひとつの愛 見つけたから そっと 抱きしめ

傘はいらない

横切る車の 水しぶきをうまくよけながら 傘の花咲いて 雨の朝は なぜか忙しない

リビルド

いつかは誰かに 暴いて欲しくて がんじがらめだった 気づかぬふりした 汚れた我が心のうちを

愛に気づけよ

お気に召さないことばかりが 君の身に続きそうなら 遠慮せずに声掛けてよ 新しいプランを今 誂よう

とまどい

まだ何も 知らなくて あなたに任せるだけで でも逆に 迷わずに

MUSK

目覚めないままに朝は運ばれ 鉛の上を歩く旅人 何故に私だけいつも そればかり呟いて 誰かほら

朝焼けの彼方に

群青から紫色に 星空が去り オレンジ色の朝焼けが 窓から差し込む

ROUNDABOUT

まがいもんのほうがどうせ目に付くみたいで 発明に費やした時間は無償さ イノベーター パイオニア 俺は好きだけど

誘惑

見つめられて言葉失って 気がつけば逃げ道を断たれて 君が思うままのシナリオ運び 望むところよ

モーション

幻が常に出たり消えたり 都会じゃすべてが嘘みたいさ 気まぐれに身を預けてしまえば 色褪せた記憶の切れ端を探して

恋人はワイン色

すれ違う 君に見とれて スローモーション はねたワイン

スローモーション

砂の上 刻むステップ ほんのひとり遊び 振り向くと遠く人影 渚を駆けて来る

白日

帰りたいけど 帰る場所なんてない どこかにあるはずの僕らしさは いまだにほら らしくないよ

記憶の部屋

今日も街がオレンジ色に溶ける頃 後ろ髪ひかれながら 帰りゆく人の群れを眺めていた 僕らはいつも行方知れず

LOST GENERATION SOUL SINGER

夢を見すぎて また無駄に過ごした 時は金なりが身に染みる今日この頃 ガキの頃から

Nobody Knows

誰もが敵で 耳鳴りのようなディスコード 望む言葉は 探しても聞こえてこない 不自然なつくりの

BLACK SUGAR

甘い時間は過ぎ 余韻が途切れて 急な静けさが あたりを包み込んだ 魂が

むせかえる夜

深紫の風が夏の夜にうねる 酷く蒸し暑くて溶けそうだ 揺らめく赤い炎 怪しくちらつき

全て見る