1. 歌詞検索UtaTen
  2. 乃木坂46

乃木坂46

乃木坂46は、秋元康プロデュースにより、AKB48グループの公式ライバルとして2011年8月21日に誕生した女性アイドルグループである。翌日の8月22日、その後の中心メンバーとなる、白石麻衣、齋藤飛鳥と言った一期生36人が発表された。
2012年2月22日、ソニーレコードより1stシングル「ぐるぐるカーテン」を発表。5月2日には2ndシングル「おいでシャンプー」も発表され、グループ初のオリコンチャート1位を記録した。
2013年5月11日、二期生メンバー13人の加入が発表され、そのうちの一人堀未央奈は、同年、7枚目のシングルとなる「バレッタ」にて、初選抜にして初センターを務めたことでも話題を集めた。
2014年2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』では、グループ初の試みとなる交換留学生という形で、生駒里奈のAKB48チームB兼任、SKE48所属の松井玲奈の乃木坂46兼任が発表され、翌2015年3月26日に解除が発表されるまで活動は続いた。またこの年、念願の『第66回NHK紅白歌合戦』初出場を果たし、以降4年連続で出場している。
また、2013年になると、白石、齋藤等が、次々にファッション誌の専属モデルに起用され、男性のみならず、女性からも高い支持を集める。写真集も次々に発表され、中でも白石の2作目の写真集「パスポート」は、2018年11月に、実に22度目となる重版が決まり、累計発行部数33万部を記録するなど、異例の売り上げを記録した。

乃木坂46の特集

全て見る

乃木坂46の関連動画

全て見る

乃木坂46のニュース

全て見る

乃木坂46の歌詞一覧

全て見る

タイトル アーティスト 歌い出し

2度目のキスから

乃木坂46 2度目のキスから気をつけろ!(けろ!) 薄目を開けて見極めろ!(めろ!) 恋は落とし穴 危険がいっぱいだ

Against

乃木坂46 あの日 初めての場所は 強い風が吹いていたよ 夢に見ていた世界は 遮るものがない

Another Ghost

乃木坂46 Baby! Take me away from

My rule

乃木坂46 雨がどんなに降ったって 傘を差すのは嫌なんだ もしそれが運命なら 僕は ずぶ濡れのまま歩いてやる

Rewindあの日

乃木坂46 夜明け近く 湾岸線を 流れてる赤いテール 動脈みたい どこか行くなら

Tender days

乃木坂46 あの頃 僕らが学校帰り 通った溜まり場は カフェなんていうしゃれたものじゃなく 時代遅れの喫茶店

Threefold choice

乃木坂46 レジを打つフリして こっちをチラ見する 部活の先輩は コンビニ店でバイト中

会いたかったかもしれない

乃木坂46 会いたかった 会いたかった 会いたかった Yes! 会いたかった

新しい花粉~ミュージカル「見知らぬ世界」より~

乃木坂46 「何か、食べ物をくれ」 「…よそ者はごめんだ」 「金ならある」 「…どこか、よその街に行ってくれ」 「…一番、近い街でも三日はかかる。簡単なものでいい」

新しい世界

乃木坂46 何から話せばいいのだろう 僕が隠していたこと 昨日の夜は 君が言うように 確かに部屋にいなかったんだ

当たり障りのない話

乃木坂46 夕暮れ 近くにある商店街 ママから頼まれた買い物をして 小さな本屋で立ち読みしてたら あなたが歩いて来た

あなたのために弾きたい

乃木坂46 幼い頃 近くにある ピアノ教室に通い始めた 小さな手で白と黒の 鍵盤を行ったり来たり…

あの教室

乃木坂46 あれから初めて来たね 何年ぶりにチャイム聞いただろう 懐かしい校庭は 思ってたよりも狭く思えた

あの日 僕は咄嗟に嘘をついた

乃木坂46 あの日 僕は咄嗟に 嘘をついたんだ どんな嘘か 今は覚えていない

あらかじめ語られるロマンス

乃木坂46 Aries(アリエス) Taurus(トーラス) Gemini(ジェミニ) Cancer(キャンサー) Leo(レオ)

アンダー

乃木坂46 みんなから私のことが もし 見えなくても 心配をしないで 私はみんなが見えてる

あんなに好きだったのに…(日本テレビ系 ライオンスペシャル 第38回全国高等学校クイズ選手権高校生クイズ2018 応援ソング)

乃木坂46 あんなに君を好きだったのに… なぜ こうなってしまったのか 僕はこれからどうしよう?

意外BREAK

乃木坂46 カブリオレのルーフ 全開にしちゃって 首都高 湾岸線を走る 爆音で流すソウルミュージックさえ

行くあてのない僕たち

乃木坂46 夜明け前 サービスエリア 止まる長距離バス シートを倒して眠る 君はどんな夢を見てる?

いつかできるから今日できる(映画『あさひなぐ』主題歌)

乃木坂46 朝の靄に差し込んだ陽の光 木々の中をひたすら走ってた どこを行けば空に辿り着くのか? 風は何も語りはしない

命は美しい

乃木坂46 月の雫を背に受けて 一枚の葉が風に揺れる その手離せば楽なのに しがみつくのはなぜだろう?

今、話したい誰かがいる(映画 心が叫びたがってるんだ。 主題歌)

乃木坂46 一人でいるのが 一番楽だった 誰かと一緒にいると 僕は僕じゃない 小さい頃から

インフルエンサー

乃木坂46 ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブン ブンブンブン インフルエンサー

失いたくないから

乃木坂46 水道の蛇口 顔を近づけ 冷たい水 喉に流し込む 斜めに見える

自惚れビーチ(19thシングルアンダーメンバー曲)

乃木坂46 カモーン カモーン カモーン こっちおいで カモーン

生まれたままで

乃木坂46 夕焼けに染まった コンビナート地帯は 燃え尽きた何かが 空に立ち上る

おいでシャンプー

乃木坂46 おいでシャンプー その長い髪 君の香りに ときめくよ おいでシャンプー

狼に口笛を

乃木坂46 満月の夜 どこからだろう 遠吠えが 聴こえて来る

音が出ないギター

乃木坂46 剥き出しのコンクリート凭れながら 夜と世間の温度が落ちて 背中が寒い チカチカと切れかけの蛍光灯 大きくなった心の影を止められない

大人への近道

乃木坂46 通学のバスでよく会う気になる男子 目が合うだけで俯きたくなった 女子高だからそんな免疫なさすぎて 恋をするにもプロセスがわからない

オフショアガール

乃木坂46 チュチュチュル チュチュル オーイェー チュチュチュル チュチュル

思い出ファースト

乃木坂46 海沿いのボードウォークまで 君が口を利かなくて困ってる 新しいサンダルのせいか 靴擦れ 歩きにくくて

女は一人じゃ眠れない(映画 ワンダーウーマン イメージソング)

乃木坂46 サーチライト 照らされた 工事の鉄骨 都会の未来に 何を夢見てた?

海流の島よ

乃木坂46 海流の島よ 長い時が過ぎ 僕の愛は届いたか? 跳ねてるトビウオたち

帰り道は遠回りしたくなる

乃木坂46 好きだった… この場所… やめられない漫画を途中で閉じて 顔を上げて気づくように

かき氷の片想い

乃木坂46 かき氷は 儚すぎる 一瞬の片想い あなたを恋しくなると

革命の馬

乃木坂46 住む場所を逃げ出した 制服の少女たちの群れ センター街 アスファルトにしゃがみ スマホ難民

硬い殻のように抱きしめたい

乃木坂46 「何だか疲れちゃった」 珍しく弱音を言った 君らしくない君だから 黙って そばにいてあげる

悲しみの忘れ方

乃木坂46 爽やかな風が吹いて 木々の枝 揺らしている 木漏れ日のその下を歩きながら想う どんな道もきっとどこかへ続く

環状六号線

乃木坂46 早めに家を出て 一本前のバスに乗った 遅刻するわけにはいかない 大事な待ち合わせ

ガールズルール

乃木坂46 海岸線を バスは進む 空は高気圧 これが最後の夏だから 部活のメンバーと

きっかけ

乃木坂46 交差点の途中で 不安になる あの信号 いつまで 青い色なんだろう?

気づいたら片想い

乃木坂46 気づいたら片想い いつのまにか好きだった あなたを思うその度 何だか切なくて…

君が扇いでくれた

乃木坂46 夏になるといつも想う 甘酸っぱいあの頃 どこからか吹いて来るんだ 懐かしいそよ風

君に贈る花がない

乃木坂46 白い(白い)息が(息が) 道端で話しかけてる それは(それは)言葉じゃなく 聴こえない心の声さ

君の名は希望

乃木坂46 僕が君を初めて意識したのは 去年の6月 夏の服に着替えた頃 転がって来たボールを無視してたら 僕が拾うまで

君は僕と会わない方がよかったのかな

乃木坂46 君は僕と会わない方がよかったのかな なんて思う 夕暮れの街 人混みに紛れ 背中丸めて歩いた

キャラバンは眠らない

乃木坂46 地平線で重なる 大地と空のように どこまでも続く果てしない世界 道なき道 迷って

急斜面

乃木坂46 君のマンションの近くまで 自転車でやって来た 今日こそはこの気持ち ちゃんと伝えたかった

空気感

乃木坂46 さっきより 君を好きになるよ なぜだろう もっと…

全て見る