1. 歌詞検索UtaTen
  2. 二宮和也(嵐)

二宮和也(嵐)の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

また今日と同じ明日が来る

あの頃 僕が見てた 君はどんな色だっけな 思い出し 色づく

生涯何があっても愛する人へ

受話器の向こうで泣いている君 世界中の人を敵にしてもいいよと言ったのに 笑顔さえ守れない僕はどうすればいいのだろう

メリークリスマス

赤、白、緑で賑やかな街の中ヘタクソな笑顔で 隣の君は100%の笑顔をケーキに添えてる 冬の駅前 星空の下に 並んでるサンタクロース達

いつもそうよ。 拗ねるときみは。 私の大事な物を隠すでしょ。 その場所は決まって同じだから。 今日は先に行って待ってみるわ。

Gimmick Game

どうしてだろう あなたの指が ワタシだけには 汚く見えてるの。

それはやっぱり君でした

わかりやすくそう簡単に。 君も僕もわかるくらい簡単に。 伝えてみよう。 好きなんだよ。

MUSIC

無数に散らばるStardust 五線の上並べれば 回りだす動き出すNew world 魅惑的Harmony

痕跡

消えぬ 消えぬ 五月雨の後 渇かぬ涙の痕 消せぬ

秘密

ここんとこいつも微妙な距離を感じていた 何でも打ち解けあえればと願っていたら 何度も何度も消しすぎて破れてしまった 下のページに君の気持ち隠してあった

1992*4##111

恥ずかしいから、 君には暗号で送る事に決めたんだ。そうしよう。 ヒントはそうだな。 "好きだよ"とかそんなかっこいい言葉じゃない。

20825日目の曲

ビックリした。こんなにもあなたの事考えたの初めてだ。 家族なのに、いやだからか、当たり前過ぎたのか。 あれがこうなって それがどうなってなんて

どこにでもある唄。

何が正解で、何が間違いで。 だから大丈夫。なんて、言っちゃって その言葉が自分を消してくから。それが一番怖い事だから。