1. 歌詞検索UtaTen
  2. 井上侑

井上侑の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

アオゾラ

世界中 誰もが いつの日か 響きあい 心で

クマのぬいぐるみ

ぼくはクマのぬいぐるみ ひとつ腕がちぎれそう 耳がやぶけてそこから 白いわたが のぞいている

路上ライブの帰り道

今日はライブ 路上ライブ カワサキのみなさんの前で じゃんじゃん歌って ピアノ弾いて

おもいでのアルバム

いつのことだか 思い出してごらん あんなこと こんなこと あったでしょう

チェリーセージの庭へ

もしもしかめさん あなたのように 毎日進みます 目的地まで もう

海の日

寒かったね 遠かったね 疲れたね 優しかったね

童神~天の子守唄~

天からの恵み 受けてこの地球に 生まれたる我が子 祈り込め育て イラヨーヘイ

太陽の子どもたち

ひまわりの花 見上げる空に きらめく陽の光 小鳥たちは 歌をうたい

Colorcorn

いつ頃からだろう 偽ることに対する罪の意識も消えて ここから先には進めないように 並べたカラーコーン

タイムカプセル

夢に出てきたから クローゼット開いてしまいました ここに埋めたはずよ あなたとのタイムカプセル タイムカプセル

Hello!!

ワルツとかタンゴとかフラメンコだとか 踊らされてたんじゃない 僕は 僕役を演じてたんだ

僕と

君がくれた手紙の中に 弱音なんて一音も 聴こえない 聖者の行進曲が 鳴りやまず響いてた

大きな古時計

おおきなのっぽの古時計 おじいさんの時計 百年 いつも動いていた ご自慢の時計さ

僕は君の涙

涙があふれて 大地にこぼれた まぶしい真夏の陽射しを浴びたら 水蒸気になり 青い空

みずうみ

みずうみの入江に立てば波がつぶやく… "ここにはもう少女の頃のきみはいない"と 風に舞って水におちた白い帽子 ぬれた服をしぼってくれた

メトロポリタン美術館

大理石の 台の上で 天使の像 ささやいた 夜になると

赤とんぼ

夕焼け小焼けの 赤とんぼ 負われて 見たのは いつの日か

東口で

連絡はもう来ない やっとあなたのこと忘れられるような気がしてたのに 突然メールは来る 「元気にしてますか?」って どんなつもりで言ってるの

先輩、恋してます

「先輩、最近きれいです」って 今までどんなんやねん 「そんなに変わった?」って言って家に帰れば DVD観ながらトレーニング

たね

いつでも僕ら 会いたい時に会っていた 恵まれすぎていたね 自転車じゃもう行けないとこに 行くんだね

タピオカミルクティー

まだ3日しか経ってないのに まだ3日会ってないだけなのに あなたの好きなものが この街中には溢れてる

君のシチュー

ゴロゴロしたいよ30分 ほらほら疲れは最高潮 ムリムリ心も身体も 気合いだけじゃ 続かないんだな

会いたい

私のことまだ知らないでしょう だってネコかぶってたもの 久しぶりに今日会えるって決まってから ひたすら妄想

あなたの街へ

♪lalala あなたの街へ 今日もラブバード合唱団の歌

ぞんびだいすき?

ぞんびをぞろぞろ 動かして 君のハートも 動かしたいの

バネのびょん太

あのね 僕ね 昨日の夜ね 地球外生命体に会ったんだ 見たこともない服着ていたよ

Friendship

すぐにでも雨が降りそうな顔をしてる君は 僕とうたえば どんな時も笑っていたのに ちょっと

赤ちゃんの約束

ひとのことを やいのやいの言うのも よく知らないことを ああだこうだ言うのも 簡単だから

Greedy

そんな悲しい顔しないで 君じゃなきゃダメってことは 僕よく分かってるんだ 僕は君のとりこ だけど今のままじゃ

おもちゃ

青い私は あなたの好きなお味ではなさそうです 今の私は あなたを許す気分でもなさそうです

全て見る