1. 歌詞検索UtaTen
  2. 井上陽水

井上陽水の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ 誰のあこがれにさまよう 青空に残された 私の心は夏模様

瞬き

未来の あなたに 幸せを 贈る 記憶と

夢の中へ

探しものは何ですか? 見つけにくいものですか? カバンの中もつくえの中も 探したけれど 見つからないのに

女神

ハロー ハロー お元気? 今夜 なにしてるの?

東京ドドンパ娘

好きになったら はなれられない それは はじめてのひと ふるえちゃうけど

心もよう

さみしさのつれづれに 手紙をしたためています あなたに黒いインクが きれいでしょう!? 青い便箋が

恋の予感

なぜ なぜ あなたは きれいになりたいの? その目を誰もが

Make-up Shadow

初めての口紅の 唇の色に 恥じらいを気づかせる 大人びた世界 あけすけにのぞき込む

傘がない

都会では 自殺する 若者が増えている 今朝来た新聞の 片隅に書いていた

ありがとう

ありがとう ありがとう 感謝しよう 微笑んでくれて

新しいラプソディー

街が未来へ向け走る 星が夜空からはじける なつかしいメロディー あざやかなハーモニー 喜びのシンフォニー

カンドレ・マンドレ

一緒に行こうよ 私と二人で愛の国 きっと行けるさ 二人で行けるさ夢の国 ラララ………

黄昏のビギン

雨に濡れてた たそがれの街 あなたと逢った 初めての夜 ふたりの肩に銀色の雨

断絶

夜中にデイトした 近くの公園で たしかめあっていた おまえと俺の愛 突然あらわれた

月の沙漠

月の沙漠を はるばると 旅の駱駝がゆきました 金と銀との鞍置いて 二つならんでゆきました

Happy Birthday

今日はステキなHappy Birthday to you 遊んであげるHappy

蛍の光

蛍の光 窓の雪 書よむ月日 重ねつつ いつしか年も

いっそセレナーデ

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて泣こうか 忘れたままの

いつもと違った春

答が出ずに生きてる事は ためいきだけの生活 本音を隠し 建前飾り 笑いは逃げの切札

リバーサイド ホテル

誰も知らない 夜明けが明けた時 町の角から ステキなバスが出る 若い二人は

ジェラシー

ジェラシー 愛の言葉は 愛の裏側 ジェラシー 窓辺に

この世の定め

間違いは この世の定め 壊れそうな 札束のパレス IGET

東京ワシントンクラブ

東京ワシントンクラブ ニューヨーク、北京、パリ、チリ 明日、約束だよ 二度とない事だよ

飾りじゃないのよ涙は

私は泣いたことがない 灯りの消えた街角で 速い車にのっけられても 急にスピンかけられても恐くなかった

帰れない二人

思ったよりも 夜露は冷めたく 二人の声も ふるえていました Hah・・・

ワインレッドの心

もっと勝手に恋したり もっとKissを楽しんだり 忘れそうな想い出を そっと抱いているより 忘れてしまえば

御免

なんにもないけど 水でもどうです せっかく来たのに なんにもないので 御免

東へ西へ

昼寝をすれば夜中に 眠れないのはどういう訳だ 満月 空に満月 明日はいとしい

夏まつり

十年はひと昔 暑い夏 おまつりはふた昔 セミの声 思わずよみがえる

銀座カンカン娘

あの娘可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて 誰を待つやら

全て見る