1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子

伍代夏子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ こころに傷の ない人なんていませんよ 川を

宵待ち灯り

酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてしみじみ 幸せ思う 広い背中が

ふれあい

愛のささやき 聞くときの 耳が 熱く 感じるの

金木犀

路地にこぼれる 金木犀の香りに揺れる 面影よ… 一年待てば 三年待てる

ひとり酒

あなたと肩を 並べて飲んだ お酒が恋しい 雨降る路地は おまえと呼ばれて

花つむぎ

雪の中から ひと彩紅く 花を咲かせた 寒椿 花つむぎ…

ほろよい酒場

惚れた男は 気ままな夜風 今夜はどちらの 暖簾をゆらす 空けておきます

紅一輪

交わす目と目の ひと目惚れ 恋の運命を 信じたい 惚れた男の

風待ち湊

今朝は お立ちか 風待ち湊 碇を上げて 船がでる

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ちぎれ飛ぶ 辛すぎる

夜桜迷い子

提灯の紅あかり 浮きたつ桜に 誰を待つ ちらちらと散るでなく 花冷えしたまま

憂愁平野

遠く野末に 夜汽車のあかり 闇に流れて 溶けてゆく 思い出だけの

歌草子娘道成寺

指が反るほど 抱きしめられて 三日三晩で 女になった 夜が来るたび

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いいのよ 眠ったふりして

霧笛橋

胸におさめた はずなのに 霧も隠せぬ 恋がある 揺れるこころに

木綿の鴎

右に石狩 左に小樽 昔しゃ鰊の 銀の海 あたしゃ一生

水なし川

指を咬んで 声しのばせて 泣いてみたって 水のない川 たどる岸辺も

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う涙を 知りました 矢ぐるまの…

五百川

川の瀬音が 耳元で 沁みてはじけて 渦になる あなた教えて

京都二年坂

しょせん女は 裏方さんや 男はんとは 器が違う あなた叱って

ひとりでは漕げない 沖も見えない あなたと肩寄せ 棹を差す 辛い浮世の

秘め歌

心のなかで 死なせた恋を 弱いおんなが またねだる 情けあるなら

都忘れ

秘めやかに 密やかに 通う小径に 咲く花は 夕暮れに

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前岬 ここが故郷

大阪らぶそんぐ

人がら実ちょく 初婚というし ミナミに住まいと 店舗があるし 仲人口と

信濃路暮色

黄昏に染まった 信濃の川は まるで解いた 帯のよう あなた明日は

浮世つづり

結んでください 二人の糸を 心に隠れた 蛍がさわぐ 未練

袖しぐれ

あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れた 橋の上 形も見えない

えにし坂

夢と苦労の やりくりで やっと明日が みえてくる そんなあなたの

十六夜セレナーデ

ためらいもいつか溶けてく腕の中 強さにあらがうすべもない どうしていつもこうなの なんども恋して 癒えるまもない過去たち未来に

全て見る