1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子

伍代夏子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ こころに傷の ない人なんていませんよ 川を

宵待ち灯り

酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてしみじみ 幸せ思う 広い背中が

ほろよい酒場

惚れた男は 気ままな夜風 今夜はどちらの 暖簾をゆらす 空けておきます

満月

燃える西陽を 浴びながら 真っ赤に染まる 竹の海 まるで神楽か

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う涙を 知りました 矢ぐるまの…

ひとり酒

あなたと肩を 並べて飲んだ お酒が恋しい 雨降る路地は おまえと呼ばれて

水なし川

指を咬んで 声しのばせて 泣いてみたって 水のない川 たどる岸辺も

袖しぐれ

あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れた 橋の上 形も見えない

金木犀

路地にこぼれる 金木犀の香りに揺れる 面影よ… 一年待てば 三年待てる

花つむぎ

雪の中から ひと彩紅く 花を咲かせた 寒椿 花つむぎ…

京都二年坂

しょせん女は 裏方さんや 男はんとは 器が違う あなた叱って

ひとりでは漕げない 沖も見えない あなたと肩寄せ 棹を差す 辛い浮世の

阿国伝説

出雲大社へ旅をして 阿国のお墓を見つけました 惚けたような昼下がり 幾千万の日々越えて 笛や太鼓が聴えてきた……

ふれあい

愛のささやき 聞くときの 耳が 熱く 感じるの

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄りそう 花がいい めぐり逢わせの

戻り川

涙みせたら あなたが困る いいの いいのよ 眠ったふりして

お江戸チョイチョイ節

お江戸名物 チョチョイノ チョイチョイ 火事に喧嘩に 深情け

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ちぎれ飛ぶ 辛すぎる

愛の橋

あの町を 捨てたから もう戻れない ふたりです 世間の人には

失恋記念日

初めてあなたと 旅したときの 寝台列車に乗りました 心の隙き間に零れていたか 亡くした筈の

見返り美人

恋はかりそめ なりゆきまかせ 軒ののれんは風まかせ 女ひとりじゃ 逆立ちしても

歌草子娘道成寺

指が反るほど 抱きしめられて 三日三晩で 女になった 夜が来るたび

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前岬 ここが故郷

風待ち湊

今朝は お立ちか 風待ち湊 碇を上げて 船がでる

女の海

どこまで続くの日本海 悲しさ波間にゆれている くちびる噛めば散る涙 ほろりほろりほろり あー肌を刺すよに

信濃路暮色

黄昏に染まった 信濃の川は まるで解いた 帯のよう あなた明日は

津軽半島

三味線の太悼 響くよに 波がちぎれて 舞いあがる 一か八かの

北の舟唄

山背が吠えて 海鳴りなけば 船は港で 待ちぼうけ やん衆かもめは

ガス燈

銀杏の並木に 傘の花が咲く それぞれの人生 ちりばめながら 夢の続き捜しても

霧笛橋

胸におさめた はずなのに 霧も隠せぬ 恋がある 揺れるこころに

全て見る