1. 歌詞検索UtaTen
  2. 伍代夏子

伍代夏子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

肱川あらし

非の打ちどころの ない人なんていませんよ こころに傷の ない人なんていませんよ 川を

宵待ち灯り

酔ってうたた寝 あなたの頬に 触れてしみじみ 幸せ思う 広い背中が

ひとり酒

あなたと肩を 並べて飲んだ お酒が恋しい 雨降る路地は おまえと呼ばれて

袖しぐれ

あふれる涙を 蛇の目の傘に 隠して別れた 橋の上 形も見えない

東京五輪音頭

ハァー あの日ローマで ながめた月が ソレ トトントネ

金木犀

路地にこぼれる 金木犀の香りに揺れる 面影よ… 一年待てば 三年待てる

矢車草

あなたに出逢って あなたを愛し 人恋う涙を 知りました 矢ぐるまの…

満月

燃える西陽を 浴びながら 真っ赤に染まる 竹の海 まるで神楽か

花つむぎ

雪の中から ひと彩紅く 花を咲かせた 寒椿 花つむぎ…

忍ぶ雨

人目にふれる 花よりも 影で寄りそう 花がいい めぐり逢わせの

ガス燈

銀杏の並木に 傘の花が咲く それぞれの人生 ちりばめながら 夢の続き捜しても

雪中花

風に風に 群れとぶ鴎 波が牙むく 越前岬 ここが故郷

はまなす酒場

指をまるめて 覗いてみても 愛想なしです 男がひとり なにか喋って

こころ川

浮くも沈むも 運命のままに 惚れて寄り添う 恋の舟 人の噂も

風待ち湊

今朝は お立ちか 風待ち湊 碇を上げて 船がでる

都忘れ

秘めやかに 密やかに 通う小径に 咲く花は 夕暮れに

鳴門海峡

髪が乱れる 裳裾が濡れる 風に鴎が ちぎれ飛ぶ 辛すぎる

港恋唄

指でおくれ毛 撫でつけて 紅もひと刷け 冬の花 あなた早く

浮雲

軒先を叩いて 降る雨が 一重 二重に 重なって

ほろよい酒場

惚れた男は 気ままな夜風 今夜はどちらの 暖簾をゆらす 空けておきます

京都二年坂

しょせん女は 裏方さんや 男はんとは 器が違う あなた叱って

待つ女

別ればなしが いつ出ても 不思議じゃないのと 目を伏せる

海峡の宿

人をだました こともない ふたりが世間を だましてる あなたの指が

夜桜迷い子

提灯の紅あかり 浮きたつ桜に 誰を待つ ちらちらと散るでなく 花冷えしたまま

九十九坂

傘に隠れて ふく涙 払いきれない 未練まで 耐えるのも

寒つばめ

忘れてしまえと 風が啼く 鳥も凍えて 身を削る ここは終着

女のひとりごと

幸せさえぎる 冷めたい雨に 何度もつまずき 消えた恋 男もつらい

ふれあい

愛のささやき 聞くときの 耳が 熱く 感じるの

えにし坂

夢と苦労の やりくりで やっと明日が みえてくる そんなあなたの

浮世坂

四角四面の 世間と言うが 胸突き八丁の 浮世坂 くよくよするなよ

全て見る