1. 歌詞検索UtaTen
  2. 北野まち子

北野まち子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

をんな川

涕きすがる 母を振りきり 郷里を のがれ幾年 ただ一途

夢見坂

頼る人さえ なくした街で 涙ぐらしが 身についた そんなおんなが

港哀歌

夜を掠める 船の灯は 女のみれんか 命灯か 雨のむこうは

望郷ひとり旅

あれは三味線の音 吹雪を突いて 聞こえて来るのよ 幻の 生まれ故郷の

望郷の橋

故郷の香りが 恋しいときは いつも来たわね この陸橋へ 二つ並んだ

冬酒場

そりゃあね 誰だって 幸せに なりたいよ あんたひとりが

ひとり止り木

思い出酒場の 止り木で 今夜もひとりで 飲んでます お店の灯りも

ひとり北国

ままにならない 都会のくらし 棄てて最終の 汽車にのる うしろうしろへ

春の花

先に来てても 今、来たふりを あなたらしいわ ふと目がうるむ めぐり来た春

花まる女節

寒さにたえぬき 咲いた桜 あわれ夜風が 散らしてく 惚れて尽くして

函館みなとから…

函館みなと あとにして 翔べない鴎が 海峡越える 女泣かせる

能美の里から

一の滝から 七ツ滝 下れば涙が こぼれます 未練抱きしめ

月の宿

窓にこぼれる 月灯り 胸の哀しみ 映し出す ふたり別れる

つがい舟

憂き世嵐に 吹きよせられた 似た者どうしの あなたとあたし この俺で

丹後半島~夕日ヶ浦

丹後半島 夕日ヶ浦へ ひとり涙を 捨てに来た あなたを忘れる

たつのくち恋歌

白山はひぐれて 湯の宿は あなた待つ町 たつのくち 湯殿の湯けむり

立待月

夜毎に姿を 変える月 男の心の 移り気か もしかあなたが

そのうち一度帰ります

たった四時間 電車に乗れば 帰れるはずの ふるさとよ 林檎畑の

佐渡海峡

吹雪簾の そのむこう あなた あなたの 船が行く

寿 祝い節

夢を咲かせた 華燭の宴 鶴と亀とが 舞い踊る 惚れて娶った

こころの灯り

かならず春は 来るからと 涙をすくい 肩抱き寄せた ないないづくしの

風笛の町

野面を渡る 風の笛 ヒュルヒュル 心が 昔に戻ります

風のふるさと

都会ぐらしの 明け暮れに 届いた小包 故郷の匂い 頑張れよ

海峡の月

すべてを捨てて この海を あなたと越える はずでした 誰かを泣かせて

女みちのく別れ旅

幸せ失くした おんなの胸に 淋しく風花が チラチラチラと こぼれて揺れる

女の倖せ

きれいなだけで 見ないであなた 過去があります わたしにも 夜のよごれた

おんなの暦

流した涙を 振り向けば おんなの暦 にじんで浮かぶ よどんだ川も

おんな春秋

しあわせに なれるのね 私でも もう一度 大寒小寒の

女 いのち川

他人の心の 移り気に 泣いてせつない この世川 思い通りに

裏町のれん酒

今日も一日 お疲れさん ちょいと寄り道 裏通り いろいろあります

全て見る