1. 歌詞検索UtaTen
  2. 南こうせつ

南こうせつの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

男が独りで死ぬときは

男が独りで 死ぬときは 持ってゆくものは 何もない 春なら

旅立つ想い

星降る前に洗った髪を 君は夕焼けで乾かしていたね 心の隅に吹きくる風は ほんのちょっぴり幸せのかおり 首をかしげてほほえむ君の

青春の傷み

だから僕は 風を感じて 遠い日のあの唄 口ずさんでる

おかえりの唄

この町は 小さいけれど 「おかえり」の唄が 生まれる町 あの川のそば

れくいえむ

さくら草の 鉢をかかえて その人が もう来る頃

息子

明日の朝 息子が出て行く まぶしい背中で ここを出て行く 思えば

春の恋文

風がはこんだ 春の匂いに 気づいていても 気づかぬふりで 遠い思い出

淋しい鞄

男はいつでも心の中に 淋しいかばんを持っている 日々の暮らしを渡る時 信号待ちで止る時

妹よ ふすま一枚 隔てて今 小さな寝息を たてている妹よ

粉雪

どこか似ている この街を吹く風 セーター姿の 小さな君と 指切りした町

ワイルド・ワン

青い 夜明けの闇に めざして 君の名を 呼んだけど

国境の風

遥か海を越え 遠き母の大地 水鳥たちは この青空を 自由に飛び交うよ

海と君と愛の唄

君が素足で踏んだ 砂の白さがしみる 長いおくれ毛 潮風がからかうよ 過ぎた日が過去ならば

種を蒔く人

その先が 果てしなく ぬかんるんだ道だとしても 行かずにはいられない Wow

あの夏の二人

あなたと二人で 旅をした 夏の日 ひんやりと 心地よい

夢一夜

素肌に片袖 通しただけで 色とりどりに 脱ぎ散らかした 床に広がる

インドの娘へ

思い出すよ アニタ 母なる国インドヘ帰っていった 思い出すよ アニタ

幸せになろう

あの緑のほほえみが 君にも見えるかい みずみずしい春のメロディー 僕が奏でてあげる

星屑のバラード

一番星が 灯る西の空 見上げて泣いた いまは遠い街

北の旅人

若さにつまずいて ベソをかいた あの夏の日 毎晩恋しくて

グッド・ナイト・マイ・ベイビー

グッドナイトベイビー 私のベイビー 静かに静かに おやすみ

神田川

貴方はもう忘れたかしら 赤い手拭マフラーにして 二人で行った横町の風呂屋 一緒に出ようねって言ったのに

おまえが大きくなった時

あの青い空に 白い紙飛行機が 夢を 運ぶだろうか おまえが大きくなった時

虹とアコーディオン

疲れて眠るまで 冗談言って 見舞いのみんな 笑わせた カーテンの部屋

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

酔いどれかぐや姫

青い青い 月の夜 とろり酔いどれかぐや姫 うつろな笑いを浮かべ 妖しい言葉を投げて

赤ちょうちん

あのころ ふたりの アパートは 裸電球 まぶしくて

霧の彼方

霧の彼方 高く低く浮かぶ 手を伸ばせば 指をかすめ消えた もっとそばで感じて

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠い日の思い出が よみがえる 駅から続く

銀色のオルゴール

闇から生まれた 銀色のオルゴール 凍り付いたままの 鍵は解けて 初めてのメロディに

全て見る