1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉岡秀隆

吉岡秀隆の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

北風に吹かれて

北風に吹かれて駅へ続くいつもの道を ふり返る余裕もなくただペダルをこぎ続けてる この街で描いた果てしなくでかい夢って奴を ふり切るように髪なびかせ日常にまぎれ込んでく 誰もが少しずつあきらめて暮らしてるなら

だから僕は誰も信じられずに 車を飛ばし夜の街を抜けて 思い出していたのさ幼い頃のことを いつからだろう孤独を知り生きることの意味をひとつひとつ 砂を噛むように届かぬ思いで過ごすようになってしまったのは

ラストソング

一人ぼっちで僕はどこまで 歩いてゆけるというのか 背負いきれぬ痛みの数だけ 夢を見てしまうのは何故だろう

どうしようもないこと

どうしようもないことなんて世の中にはいくらでもある たとえば愛した人が僕の手を振り切ること はりさけけそうな胸を抱えそれでも働く続け 存在理由すらなくして誰を演じよう 空はこんなにも高く叫び声すら消えてゆく

分岐点

ひかれたレールの上を歩く君は 明日をも見えないこの僕を笑うだろうか 自由という名の孤独の中で満たされぬ心ひきずってなお 夢を追うことはそんなにバカげてるか 見知らぬ誰かに指をさされても

工場跡の空地

工場跡の空地 俺達バイク並べては くり返す仕事と笑い話の日々 あの頃俺達十六で汗にまみれて たたきつけるようにどこまでも走ってた

無明

oh 俺達の時はこのまま終われやしないと明け方の街 oh スピードに身をゆだね赤く光るシグナルを蹴飛ばして oh

心弱き君へ…

心弱き君の口癖はいつも僕を突き放す 行き交う人々わけもなく見てる二人ぼっち くり返しでも生きてゆけると君にささやく うずくまり泣きじゃくる君は耳をふさいでいる どんな愛を歌えばいいの

この街の二人

生まれた街を遠く離れ一人暮らしている君だから やりきれず涙みせるのもわかるけど 僕は生まれたこの街をにらむ君の素直な心が あきらめそうな僕には必要なんだ いつか君をやさしく包む両手を

吐いたツバ

それでも生きてゆくことが一番、一番難しいんだこの街じゃ 死ぬことを恐れて生きることができないなら死んだほうがましさ 路上でうずくまる人を見た 見て見ぬフリをする人も見た そしてこの僕は

山やまぐち}さんちのツトム{君

やまぐちさんちのツトムくん このごろすこしへんよ どうしたのかナ ひろばであそぼうっていっても えほんをみせるっていっても