1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大澤誉志幸

大澤誉志幸の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

その気 xxx

ダウンさせる手口を 覚えた 困った女さ Lady Mistake

You've Got A Friend

When you're down and troubled,

naive

コートのポケットで 君の手を握った 僕らの距離に今 儚なさを覚えて 誰も静かな

ゴーゴーヘブン

悪いヤツだゼ いつまでも だましてばかりで こんなになるまで信じてたので身も細るはずさ I

トパーズ

おぼえてるかい? 寒い夜にせきこむほどに 抱きしめあった コートの中 夢つめこんで

君の住む街角

すこしだけテレて笑った ほほえみを頼りにして はじめて君を送った街角 ここからは海が見えると

Summer Breeze ~心が還る場所~

Summer breeze just carry me

月と密林

Give me your Jungle! 君の

真夏の夜にタンゴ

やるせなく口唇 押しわけてゆく 今夜の行方は 熱にうかされ 忘れられない

忘れられなくて

振り向く君を 見送りながら 街の隅にひとひら 枯葉が舞い降りた

夏の終わりの午後

夏の終わりの午後 波音が溶けて ブルーグレイの風 寂しさを運ぶ

終りのない傾き

回転ドアを 音もなくくぐりぬけ 表へとびだした それから 聞こえないひと言を

G

Just one more kiss 口唇は嘘をつく

虹を越えて

夜明けが染める街並みを 君はじっと見つめてる 窓際に座らせたから 走る景色に溶ける どんなに愛しても

ずっと甘い口唇

絶え間なく揺れる波音だけが 流されてゆく二人をつつむ 汗ばむ素肌をふきぬけてゆく 暑い海風

Oh Sweetie!

やっぱり君はこの店に来てた 2人がいつも座るその場所 今夜の僕らのもめごとで 君は独り すごく悲しそう

固いくちびる

夜だとこんなに近いね もうすぐ君の家だよ 口もきいてくれなかった じっとミラー見つめて 帰れないね

Private Heaven

冷えたグラスに 弾ける光 シュロの葉陰で 遅い朝食 波の音しか

そして僕は途方に暮れる

見慣れない服を着た 君が今 出ていった 髪形を整え テーブルの上も

涙のかわりに

悲しくて 見つめると 空は青く 砂浜に 引き潮の波が寄せる

AKI'S HOLY NIGHT

白く舞い落ちる冬の空で あなたが憧れた ひとすじの光をみつけましょう 聖なる夜の雪の手紙

GET DOWN

GET DOWN AND BOOGIE 情熱を纏い

Over the Centuries ~君のために生きる~

遠い夜空を焦がす稲妻 君は願いをそっと抱きしめた 争いを無くすことはできないけど その涙

明日はきっとハレルヤ

明日はきっとハレルヤ 明日はきっとハレルヤ 神様なんて 気まぐれだから

それからの君は

ずっと時がすぎてから わかることがある やさしさはただやさしいのでなく 受けいれることだ

ガラス越しに消えた夏

やがて夜が明ける 今は冷めた色 次のカーブ切れば あの日 消えた夏

サヨナラCOLOR

そこから旅立つことは とても力がいるよ 波風たてられること きらう人 ばかりで

e-Escape

Tooth BrushがCupで叫ぶ 愛してるから静かにしてくれ Boiled Eggは

彼女には判らない(Why Don't You Know)

Why Don't you Know I

恋にjust can't wait

ひとりきりでもうそんなに迷わないでくれ I can't say きっと明日みる夢なら今夜のうちにさYou"oh

全て見る