1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小林太郎

小林太郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

Armour Zone(Amazonプライム・ビデオ『仮面ライダーアマゾンズ』主題歌)

お前は誰だ オレの中のオレ 陰に隠れた その姿見せろ Oh

DIE SET DOWN(仮面ライダーアマゾンズシーズンⅡ 主題歌)

Wow-wow-wow… この世に生まれたことが 消えない罪と言うなら 生きることが

Armour Zone TV SIZE(仮面ライダーアマゾンズ)

お前は誰だ? 俺の中の俺 影に隠れた その姿見せろ! wow

Armour Zone (english ver.)

In the mirror You &

NIBBLE

垣間見る倦怠感 退化する衝動 痛覚を抜き取って 開眼する能動感 帆翔する暁光

廻って廻って

君と僕どっちも非積極体 一人じゃ越せない夜はホーミタイ どう?こんな草食メロディで行くところまで行けそうかい? 君と僕どっちも非協力体

円舞曲

僕ら分かり合えないままで 喉元を絞め合って 愛の言葉欲しがってはまた その声を奪い合っていく

DIVE DEEP

息を止めるか 吐き続けるか 言われたままに 泳ぎ続ける 肺に溜まった

DIE SET DOWN(english ver.)

Wow-wow-wow… We don't ask

愛のうた

僕の良いところ悪いところを混ぜて愛してみよう 君の良いところ悪いところを愛してベッドで夢を見よう 心は有名な画家かなんかに色をつけてもらおう 感情論と精神論をくっつけて愛と呼ぼう

白い花

ここには誰もいないようだから 白い花をこの部屋に置いておこう 会いたいとか 笑いたいとか 神様に言ったって

フレンチ

baby, i love u 眺めはいい方がいい

tachikiru melody

交差点に潜む あからさまなフェイク すり抜けて、今 君に会いにいこう どうでもいいことが邪魔をするなら

星わたり

白い息に取って代わる言葉が見当たらない 白い息を何処に吐けばいいのかわからない 賑わいだす前の街路樹が枝を切られていく 一本電車を遅らせる理由でさえ見当たらない

安田さん

夢を見るために必要な光 眠り方を数えていく 嘘つきには寛容な世界 誰もが耳を塞いでる

今、さよならを云う代わりに 笑っておくよ あなたと私がめぐり会う日まで 今、旅立ちの声がする

Show me

we lie down on the

Yo-Ho

somebody says 曖昧な上に散々 当たり散らした末に yeah

飽和

形状記憶型毎日です どんな負荷にも耐えては戻ります 折れることはない 折れることはない ただ嵌まりすぎて抜け出せない

華やかな街を避け 路地裏に佇んで 貪り食らう鴉を追い払った 啼き声響き思わず涙溢れて 独りで生きる不安と怖さを知る

SCARS

引退しましたっつって まだまだいるじゃない 後塵に塗れて 堪ったもんじゃない

アイムレス

毎度迷子です でもいいんです どうせ何処も同じなら コンビニで叶える欲でもいい

君はもう自由に飛べると信じていた 羽に刺した釘ももう抜け落ちていた 鮮やかな嘘を潰して掴んだ未来 ほら

スノーダンス

空が澄んで雲が流れる 僕らの足跡は埋もれてしまった 雪がちらついては踊る 貴方の声は尖って脆くなって

遊び散らかった祭りの終わりに 君の背中が物足りなさそうに 月に浮かび上がる ただ2人の顔が 交わらないまま

IGNITE

平常心で走れってんなら僕には関係ないでしょう 好きなものだけ 好きなだけ咥えて 肩甲骨の辺りぐらいから翼でも生えているんでしょう 見たい景色を

太陽

太陽が焦げついてしまうほど この街は欲望を赦した 描いた夢 奪われそうになって 仕方なく理想を壊した

答えを消していけ

痛みを伴う上昇志向です こんな僕にとって 君にとって 問題は飽きっぽい点 みたいな良い仔を育てたい上流思考です

frontier

心に何発か喰らってしまって 傷口開けばそりゃヒドいもんで 赤錆 青錆 緑の液体

SAKURA CITY

錆び付いた使い回しの言葉で君を振り向かせる 嘘から始まる物語のケツの部分 錆び付いた使い回しの言葉が君を振り向かせる 嘘のまま終わる季節の幕開けの合図で

全て見る