1. 歌詞検索UtaTen
  2. 小田和正

小田和正の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

やさしい風が吹いたら

今はもう かなわぬこと 思い出の中でしか 会えない あの人

言葉にできない

終わる筈のない愛が途絶えた いのち尽きてゆくように ちがう きっとちがう 心が叫んでる

たしかなこと

雨上がりの空を見ていた 通り過ぎてゆく人の中で 哀しみは絶えないから 小さな幸せに 気づかないんだろ

ラブ・ストーリーは突然に

何から伝えれば いいのか 分からないまま 時は流れて 浮かんでは

今日も どこかで

気づかないうちに 助けられてきた 何度も 何度も そして

またたく星に願いを

それでも すてきな夢を見たいから こうして 追いかけてゆくだけ その他に

東京の空

自分の生き方で 自分を生きて 多くの間違いを 繰り返してきた

いつか どこかで

恋に落ちてゆく二人 愛を重ねる二人 別れてゆく その日を 知っていたように

time can wait

捨てる夢の代り そこで何を見るの かわいた心は みたされないまま

さよなら

もう 終わりだね 君が小さく見える 僕は思わず 君を抱きしめたくなる

忘れてた 思い出のように

ありがとう いつも いつも 二人の どんな小さなことも

そんなことより 幸せになろう

そんなことより 幸せになろう 誰れにも負けないくらい 幸せになろう

明日

君のために ありふれた 明日だけを願う 待ち合わせた あの駅へ

風と君を待つだけ

どうしても今 君に伝えたい 今でも君を 誇りにしてること

こたえ

どうして こんなに 切ないんだろう 大好きな君が こんなに

ダイジョウブ

あの笑顔を見せて 僕の大好きな 時を止めてしまう 魔法みたいに

愛になる

嬉しい時も 悲しい時も 君に会いたい その笑顔に

この街

雨は窓を叩き 風はさらに強く 人生は思ってたよりも ずっと厳しく

こころ

人ごみを まぶしそうに 君が 走ってくる 降り続く

そして今も

遠くの 景色を 眺めるようにして 過ぎてきた ときを

風の坂道

君とはじめて会った その時から 自分が 変わってゆくのが分かった

昨日 見た夢

昨日 夢を見た あれはいつの頃 大きな自由に 包まれてた

哀しみを、そのまま

夕陽が君の肩を やさしく染めている 君が何かを 言いかけて 止めた

まっ白

哀しいほどの想いがつのれば もうその愛は戻れない せめてただ 切ない気持ち 伝えるまで

秋の気配

あれがあなたの 好きな場所 港が見下ろせる 小高い公園

二人

広がる空に 心が映る 悲しみの色 この青い空

woh woh

不思議だね 二人が こうして 会えたこと そのために

緑の街

忘れられない人がいる どうしても会いたくて またここへ来る 思い出の場所へ その人のために今は

真夏の恋

その髪に触れるために その声をきくために いつか ふたり 出会うために

風のようにうたが流れていた

緑に輝く はるか遠い日々 いつでも 風のように うたが流れてた

全て見る

関連ハッシュタグ