1. 歌詞検索UtaTen
  2. 尾崎豊

尾崎豊の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

I LOVE YOU

I love you 今だけは 悲しい歌

卒業

校舎の影 芝生の上 すいこまれる空 幻とリアルな気持 感じていた

僕が僕であるために ~MY SONG~

心すれちがう 悲しい生き様に ため息もらしていた だけど この目に映る

シェリー

シェリー 俺は転がり続けて こんなとこにたどりついた シェリー 俺はあせりすぎたのか

Forget-me-not

小さな朝の光は 疲れて眠る 愛にこぼれて 流れた時の多さに うなずく様によりそう二人

15の夜 ~THE NIGHT~

落書きの教科書と 外ばかり見てる俺 超高層ビルの上の空 届かない夢を見てる やりばのない

ふたつの心 ~Two Hearts~

見つめ合うだけの暮らし 心の鼓動が 寂しさ塗りつぶし 今日を温め合うよ ふたつの心

LOVE WAY

ひどく煙たい朝に 目覚めると俺は 何時しか何かに心が 殺されそうだ 俺を捕らえる

OH MY LITTLE GIRL

こんなにも騒がしい 街並にたたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ

永遠の胸

一人きりの寂しさの意味を 抱きしめて暮らし続ける日々よ 見つかるだろうか 孤独を背負いながら生きていく 心汚れなき証示す道しるべが

十七歳の地図 SEVENTEEN'S MAP

十七のしゃがれた ブルースを聞きながら 夢見がちな俺は センチなため息を ついている

誕生

Oh Oh… Oh… Mm Oh…

ドーナツ・ショップ

あの頃僕が見ていた ガード・レール越しの黄昏 君の言う どうでもいいことに 心

群衆の中の猫

悲しみの色に 塗りつぶされて行く 黄昏の街 家路を辿る人ごみの中 愛だけたよりに

ハイスクール Rock'n' Roll

(Oh!) 朝は目覚めても昨日の 疲れひきずったまま 様にならない 制服着て表へ出るよ

愛の消えた街

道端に倒れた様に眠る人がいるよ 一度は目にするが すぐに目をそらして通りすぎる 誰もが不幸になるかもしれない自分を守り 自分の愛を向けることもバカらしくて出来ない

ダンスホール(Live version)

安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と煙草の煙にまかれてた ギュウギュウづめのダンスホール しゃれた小さなステップ

FIRE

Yeah 思い切りエンジン吹かして いつもの夜の街の中 飛ばし続けて行くのさ 行くのさ

汚れた絆 ~Bond~

俺たちは街の流れに すれ違う人混みの中で まるで運命に 選ばれるように 出会った

COOKIE

Hey おいらの愛しい人よ おいらのために クッキーを 焼いてくれ

太陽の破片

昨晩 眠れずに 失望と戦った 君が 悲しく見える

坂の下に見えたあの街に

まとまった金をため ひとり街飛び出して 行くことが 新しい夢の中 歩いて行くことだから

Bow!

(Bow!) 否が応でも社会に 飲み込まれて しまうものさ 若さにまかせ

・ISM

だいぶ話をそれて 街明かり 照らされて 音のないTVの前 完璧さを求めて

雨やどり

それはまだ 私が神様を信じなかった頃 九月のとある木曜日に雨が降りまして こんな日に素敵な彼が現れないかと 思ったところへ

自由への扉

今夜素敵な夢描いて 自由への扉を開いてみるのさ きっとそこに信じていた全ての姿があるはず 公園通りの恋人達は肩寄せながら愛を彷徨い

贖罪

静かに佇む色褪せた街並み すこしづつ言葉を無くして行く僕がいる 日常僅かな仕事でつなぎ止め 無表情な人波に紛れ込み凍えてる 何を待ち続け何を求めるの

ダンスホール

安いダンスホールは たくさんの人だかり 陽気な色と音楽と 煙草の煙にまかれてた ギュウギュウづめの

COLD WIND

風のうわさもあてにならないさと 冷たい街に吹き出す 熱の中まぎれ込む 空を見上げて 今日のにおいをかぐ

誰かのクラクション

毎日はあまりにも さらけ出されていて 街の素顔はこんなにも 悲しみに満ちてる 誰かと交した

全て見る

関連ハッシュタグ