1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山本譲二

山本譲二の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

残花

わかればなし きりだせば あんたの顔が 曇る いやだよと

霧雨五番町

口ずさむ歌は なぜか哀しい歌ばかり 裏通り 雑居ビル 今でもおまえを探してる

ふたりでよかった

なんども 溺れかけてきた 涙で濁った うき世川 ないない尽しで

北情歌

沖に浮かぶ 流氷に 別れつげる 海鳥よ 肩を抱いて

奥入瀬

奥入瀬 雪どけ 阿修羅の流れ 君をさがして鳴く鳥 水面に浮かぶさだめ

ローリング・ストーン

コートの襟を立て 大都会を 斜めに歩けば 一人きりさ

揚子江

揚子江 揚子江 流れいつも変わらず この河を下れば やがて海へ出る

哀愁運河

泣いていないか 恨んでないか おまえを独り 残したことを 小樽

ひとりで泣くなよ

酒に酔ったら 思い出すだろ 昔別れた 人の事 夢も男も

みちのくひとり旅

ここでいっしょに 死ねたらいいと すがる涙の いじらしさ その場しのぎの

おふくろ

夕暮れ時に 川原の上で けんかに負けて 泣いてる坊や 幼い時の

ごめんよ

もいちど お前に逢いたい 今でも 淋しくひとりかと 男なんて

ふたりで一つの人生を

涙いっぱい かなしみに おまえは耐えて 咲いていた 夜風が冷たい

おまえと生きる

白いうなじの ほつれげさえも こんなにやつれて 心が傷む やっとふたりが

花も嵐も

泣いちゃいけない 涙をおふき 泣けば見えない 俺の目が 花も嵐も

夜叉のように

海を渡った蝶もいる 冬にまたたく螢さえ… ましてや女の情念は いちずな愛を追いつづけ からだがやせても

時は流れても

シベリアおろしの季節がまた来たね 瞼を閉じれば 女の顔がある あゝいくら飲んでも 酔えない

夕陽

男に生まれた 淋しさは 沈む夕陽と 似ているよ 今夜もどこかで

こころの絆~明日を信じて~

涙をいっぱい 目にためて 差し出すおれの 腕の中 離れ離れで

夢街道

少し太めの ワッパを抱いて 男度胸の ころがし稼業 「みやげは無事故で

男詩

ザンザ ザンザと 波のりこえて 急ぐ帰りは 演歌が似合う

惚れたおまえと

泣くな嘆くな 人の世を 夜明けの来ない 夜はない 月にむら雲

都会の子守歌

眠りをわすれた この街は やすらぎの ほほ笑みさえもなく 夢をすりへらし

棒の哀しみ

目覚めた時は深夜だった 雨が小窓を うっていた 吐いた煙草も 寒々と

関門海峡

唸るスクリュー 関門海峡 俺の腹にからんだ サラシが濡れる 俺とお前で

旅の終りはお前

こんなにやつれて この俺を待ったのか 眠りつづける えりあしに 熱い思いが

蓬莱橋

橋の長さに とまどいながら ひとり来ました 蓬莱橋に あなたと暮らした

東京流れ雨

相合傘で よかったら そこの駅まで お送りします 紅い雨傘

めぐり雨

逢いたかったよ 身を切るほどに 切なかったよ 寒い夜は 言葉ひとつの足りなさで

ふたり華

俺が選んだ 明日の夢に おまえは黙って ついてくる 真冬の陽射しの

全て見る