1. 歌詞検索UtaTen
  2. 山根万理奈

山根万理奈の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

島はいつくし地球の唄

島風やさしく微笑んで 香るは季節の通り道 大地を踏みしめ立つ花は 嵐を乗り越え天高く

親父ブルース

こんな日が来ることは分かっていた 小さい頃のことがまだ最近のようだな 近所の公園で走る少女 鮮やかに どこへ行こうとも

ソーダ水から見上げる空

泡と泡の隙間から水色ドルフィン 息をひそめ 深くもぐった 瞳閉じた道しるべ

imaginary line

愛してる、愛してる。しまい込んでいた恋心 鍵を開けたあなたを責めたりしない ふたり一緒に歩いた道 幼い足跡はいつしか

セレナーデを聴かせて

寒くなってきた街はせわしなく カレンダーめくりながら 会える日数えてる 少しだけでも声が聞きたいな

こころのてんき

いつも通りのつまらない日々は うつむいたままの暗いアスファルト あの日声をかけてくれた君は 太陽のように輝いていたから

ハイスクール・モーメント

坂を登れば そこが私たちのコウシャ 裏の階段は みんな知ってるチカミチ

柔く優しく

今日はふたりの記念日だけど 君はさして気にしていないふり 寝ぐせ直したテディベア つとめてぬるい 日々の憧れ

海とダイヤ

遠い海辺で 君は愛を誓う 私の知らない誰かとキスをする 17歳の夏の思い出が 波のように押し寄せる

LUCKY STRIKER

愛だの恋だの踊らされたい いちいち感動してたいの 息をするみたいに嘘をついた あんたなんか…

そんな夜なら歌うのさ

最近、うまくいっているのかいないのか 自分でも よくわからない それなりにしゃんと生きてきたはずなのに 今は

ええ顔えがお

きれいなだけの毎日じゃなくても やさしく回る世界を見ていたい 元気をくれるたくさんの笑顔が 僕の心を癒すように

松丸くんのうた

あの子の元気のワケを知ってるかい? 悲しい涙のときは なぐさめてくれる やさしい友達がいるらしい

次、恋をしたなら。

一人で過ごす二回目の君の誕生日は、 何か伝えようとしてすぐにやめたけど… これまでしたワガママや言い訳ばかりだったのは、 別れて気づいたことばかり。

あの子はブルージーンズにて

J.E.A.N.S. Yes! JEANS LOVE!

バイバイ3月

大抵のことは知らないふりでいい ねぇ 今もそう? 曖昧な態度で視線そらしても ねぇ

大好きなあなたへ

ねぇ パパ 7月28日 大阪で生まれた私のこと シャレのわかる娘って喜んでる

夢の日色

ビー玉の中 覗いてみれば 昨日とは違うガラス色で 君と僕とは十人十色 同じ様には描けないから

ハレルヤ

きっと誰もが 守るべきものを胸に 愛する人のために生きるの 折れそうな帆を支えながら

ひとりぐらし

あんなにも夜更かしをしていたのに 繰り返し朝は早いものです アパートのそばにあるキンモクセイ この街も秋の香り

飛んでけタマシイ

って 笑っていたいもんですが 嫌なこと続いてむしゃくしゃ 飛んでけ ぼくのタマシイ

上京上等エトセトラ

私は東京 この街へ来た 都だってやっぱ住めば都 渋谷の駅は巨大迷路 まるでゲームの主人公のよう

BOMB! BYE! YEAH!

BOMB!BYE!YEAH! BOMB!BYE!YEAH! 理不尽な言葉の嵐 ストレス大洪水

ARASHIMAN

Oh yeah やろうぜ ARASHIMAN Oh

タイムカプセル

もしも 君に 伝わるなら 無邪気な 自分を

奇跡なんかじゃない

ほつれてしまうこともあるでしょ 時の流れは 今日も速く厳しい 季節は思うよりもずっと せっかちにまた過ぎてゆくんだね

魔法にかけられて

Ah ah 魔法にかけられて あなたにも届けたい music

くすりゆび

出逢ったときに 星は輝き すべての花は 開き始めた

あの海の街へ

トンネルくぐり抜けアクアライナー あとどれくらいだ 空 見えてきた 茶色い屋根の向こう

だらず音頭

「みんな~!だらず音頭がはじま~で~!」 だだっだだ だだっだだ だだっだ

全て見る