1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡村孝子

岡村孝子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

夢をあきらめないで

乾いた空に 続く坂道 後姿が 小さくなる 優しい言葉

ゴール

風に乗り舞い上がれ 一瞬の輝きを信じて 喜びも悲しみも 今日ここで巡り合うすべてが いつかたどりつくゴールへつながってる

大切な人

あなたといるだけで 何だかあたたかいねと 言葉に出す幸せ 今 感じてる

時間の砂 2013

甘い夢で 瞬く間 私をそっと 包みこんでいてね こぼれ落ちる

あなたにめぐりあう旅

今度どの町へ 行こうかな? まだ見ぬ素敵な世界 広がってる 懐かしい木々の匂いや

見送るわ

涙が枯れるかと思う位に泣いた これで二度とあなたを苦しめずにすむのね もう終っていたとわかってはいたけど それを口にするのが少しこわかっただけ ちょっと背伸びをしてたあの日々が悲しい

Winter Story

Fall in love 恋に落ちた その瞬間

運命なら…

何故出会うのだろう 心は移ろうのに ためらう風の中 秘かにときめいてる

夏の日の午後

窓を開けて午後の風を むせるほど吸いこんだ夏の日 陽ざしが今傾くのを あなたの腕に抱かれ見つめた 幸せなんて言葉があるからそれと気付かずに

世界中メリークリスマス

メリークリスマス 今年もあなたと迎える メリークリスマス 特別な一日 ひいらぎ飾って

あしたの歌

陽ざしに伸びたあなたの影に 寄りそうように吹きぬけていく はらはら落ちる桜の花が あなたの髪をかすめている

ふるさとにて

こうして このまま 地平の果てまでも ペダルを踏みしめ 走り続けたい

勇気~courage~

海を越えて 時を越えて この空はつながってるんだな 握りしめた ひとかけらの

クリスマスの夜

手のひらに 舞い降りた 白い雪が 溶けて流れてる 輝きと

ミッドナイト・ブルー

すべてにはぐれてるブルーな夜 明りもTVも消して ほのかな月明り感じている 乾いた心の中で 誰かの声を聞きたくなった

空の彼方まで

会いに来たの すべてを飛び越え あふれる想いは 星座のきらめき 短い生命は

そよ風の季節

そよ風を 頬に 感じて 私 心が

明日への道

通り過ぎる毎日 心砕く日もある 迷いながら選んだ 間違いだらけの道 けれどそれも含めて

ずっと

風に吹かれて 遠く遠く歩いてきた 見上げる青い空は 無限に続いてる 曲がりくねった

愛を守りきれなくて

見上げている 夜明けの空に 細い月が 浮かんでる はしゃぎすぎた昨日の夜を

今日も眠れない

見えるものを見えると言えないことが多すぎて 誰もかれも利口に思えて今日も眠れない あー遠くはなれて人ゴミの中 誰か探してる しばらく電話なんかしないでよねせつなくなる

Good Day~思い出に変わるならば~

最後のページを 涙で綴った 駆けぬける季節にピリオドつけてる 争った日々も微笑んだことも もう二度と帰ることのない時間の中

ラスト・シーン

あなたと最後にケンカした日 闇にとび出した 知らない誰かがかける声が耳にこだまする 帰ってなんかあげないわ 言えばきっと呼びとめると

感謝の気持ち

あなたへの感謝をこめて 思い出をたどってみる あたり前のように通り過ぎてた季節が キラキラ今よみがえる 私がいつも私のままで

心のフレーム

晴れた週末の朝は 少し早起きをして 腕を伸ばし深呼吸 風の匂いがしてる

笑顔にはかなわない

名前も知らず ある日二人は出会う この偶然を 今は大切にしたい ときめく風に

Hello

Hello Hello 今日の日 まっさらな風と 見上げた空には

IDENTITY

あなたに伝えたくて すべて分けあいたくて この時代を 生きてきた 喜びや悲しみも

Tomorrow

さらさらと ゆれている 緑の木々に風渡る道が どこまでも続いてる これからどこへ行くのだろう

ミストラル~季節風~

灼けつく太陽が 歩道を焦がしている さまよう二人を さえぎるように 出会いの海が今

全て見る