1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡村孝子

岡村孝子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

夢をあきらめないで

乾いた空に 続く坂道 後姿が 小さくなる 優しい言葉

Believe

最後の言葉を 人の波に消されて これで すべてが 終わったね

空の彼方まで

会いに来たの すべてを飛び越え あふれる想いは 星座のきらめき 短い生命は

IDENTITY

あなたに伝えたくて すべて分けあいたくて この時代を 生きてきた 喜びや悲しみも

Hello

Hello Hello 今日の日 まっさらな風と 見上げた空には

Heartbreak

あふれる陽ざし 緑が燃える 雨上がりの街角 夏を待たずにあなたは行くの もう引きとめられない

ミッドナイト・ブルー

すべてにはぐれてるブルーな夜 明りもTVも消して ほのかな月明り感じている 乾いた心の中で 誰かの声を聞きたくなった

ハレルヤ

風が渡ってゆく 緑の草原を 流れる雲さえ 追いこせる気がしてる どんな言葉よりも

はぐれそうな天使

足元くすぐる 波さえ 少し遠慮がち 私は無邪気になれずに 海と話してる

天晴な青空

「大好き」をいくつも探して たどり着いたら 今日という奇跡に出逢えた 平坦なだけではなかった 過去だけれど

虹を追いかけて

涙が止まらない 輝く朝焼けがまぶしくて 失くしたものばかり 数えてた毎日がおかしくて

Baby, Baby

女の子の性格って 相手次第で変わる 最後に投げた言葉と ゆがんだ誰かの笑い顔 どしゃぶりなら良かった

星屑に願いを

あふれる夢たちを 数えて眠る夜は 流れる星屑に 願いをかけて

Time and again

この世に生まれ落ちたのは どんな理由があるのだろう いつになれば真実に めぐりあえるのだろう

星空はいつも

遥かな空に 輝くShooting Star 願いをのせて 遠く駆け行く

明日の風

一番星を見上げながら あなたへの家路を急いだ日々 ぜいたくすぎる安らぎさえ 永遠に続くと思っていた

ホームタウン

初めて手をつなぐ あの日の午後のように 優しいまなざしずっと 忘れないでいて いくつの街を越え

心の草原

夢を追いかけた瞳のその奥に 映ってる青空を確かめるように 遥か輝いた理想の大きさに 少しずつ気付くたびため息をついた いつかかなえられると信じてる

ひとりごと

私 そんなあなたが思うほど 強い女なんかじゃありません お酒を飲んだら軽く見せるのも 悲しい時ほど笑うくせも

世界中メリークリスマス

メリークリスマス 今年もあなたと迎える メリークリスマス 特別な一日 ひいらぎ飾って

ありがとう

ありがとう 同じこの時代を 歩いてくれている かすかにまたたく私に あなたは気付いた

あなたと生きた季節

穏やかに暮れてゆく 遠い空を見つめてる あの頃の二人には 今はきっともどれないね

山あり 谷あり

何とかがんばった 今日の私は健気だと 思いきり泣いた夜 少しだけ心が晴れた 山あり

愛を急がないで

言葉にできない想いに気付いた そうね あの日から二人魔法にかかっている きらめく太陽

見送るわ

涙が枯れるかと思う位に泣いた これで二度とあなたを苦しめずにすむのね もう終っていたとわかってはいたけど それを口にするのが少しこわかっただけ ちょっと背伸びをしてたあの日々が悲しい

夏の日の午後

窓を開けて午後の風を むせるほど吸いこんだ夏の日 陽ざしが今傾くのを あなたの腕に抱かれ見つめた 幸せなんて言葉があるからそれと気付かずに

輝き

ガラスの向こうに夜が明けていく 渇いた心が光を求めて 昨夜の涙もぬぐいきれぬまま 明日につながる今日が始まる

風は海から

海の見える国道沿いの店 壁にかかったメルヘン画 四季を彩る 次の夏もきっと会おうと 言って笑うあなたの眼は壁を見つめる

明日への道

通り過ぎる毎日 心砕く日もある 迷いながら選んだ 間違いだらけの道 けれどそれも含めて

昨日よりも、今日よりも(I love you more than yesterday)

都会をぬけ出す週末の highway 忘れた景色探して 生まれたての波 つかまえに行こう

全て見る