1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡田奈々

岡田奈々の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

静舞

愛はただ静かに踊り続けている 時の踊り子ね あなたの居た 椅子をかくして

女学生

あなたの写真をそっと 定期入れに かくしたら 放課後 友達にふと見られました

かざらない青春

逢いたさばかり つのるから あなたの街に 飛んで来た たった半年

求愛専科

ひと目で年上とわかる誰かと あなたお茶飲んでた 今にもふれそうな肩と唇 あゝん ショック

ひとりごと

雨やどりする私に傘ひとつ 押しつけて駆けていったあなたなの 少し乱暴な手から渡された 思いがけない

若い季節

白いズックが 駆けてくるたび あいつのことが よみがえるのよ 隣り下宿に

青春の坂道

淋しくなると訪ねる 坂道の古本屋 立ち読みをする君に逢える気がして 心がシュンとした日は

雨のささやき

空にしとしと雨もよう 頬にしとしと涙もよう あなたのいない淋しさ刻む 軒の雨だれ数えて泣いた

だめですか

だめですか だめですか ほんとに ほんとに だめですか

バイバイ・ララバイ

忘れたはずでも 思い出してしまう 交差点で バスの中で あなたを

くちづけ

紅いくちべにをなぞるのね もうそれだけで はずかしい 危険な瞳に離さないよと ささやかれたら

手編みのプレゼント

まっすぐにまっすぐに生きてきたのに まっすぐにまっすぐに愛してたのに 青春はわかれ道 きっとあなたは都会の隅で

らぶ・すてっぷ・じゃんぷ

無茶くちゃに弾んじゃえ あなたとここでジャンプ 気になる者同士 うふふ

湘南海岸通り

あなたなら わかってくれます 二十歳は もう大人だから いろいろ知らない経験つんでゆく歳です

そよ風と私

すり切れるほど 聴きつづけたい レコードみたいな 人ですね 最初に針を

賭け

待ち伏せていたの あなたを その腕に 私を投げ出したくて グラスを片手に決めたの