1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岩崎宏美

岩崎宏美の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

残したい花について

何を残そうかな 今日生きた記念に 下手だけど精一杯 頑張ったんだから 悔しかったことや

絆(揖保乃糸CMソング)

親戚や他人の家を転々と 暮らす事を余儀なくされたあなたは 学校へも行けず食べたいものも 食べられず涙こらえて生きてきた

つめたい火傷

ねぇ 今 愛してると 伝えようと 両刃の剣

シアワセ色

あなたに恋をして すこし照れたりして あなたが眩しくて 追いかけてみたりして

ぼくのベストフレンドへ(週刊ポケモン放送局 ED)

赤いほっぺ 黄色のシャツ ギザギザ模様の ぼくのベストフレンド 白いページ

コバルトの季節の中で

髪形が かわりましたね 秋風に よく似合いますね 何か悲しいこと

思秋期

足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八 無口だけれどあたたかい

ロマンス

あなたお願いよ 席を立たないで 息がかかるほど そばに いてほしい

五線紙の上

産まれたときにもらったこの声は母からの贈り物 夢の扉を開けて初めて人前で唄ったあの日 涙流したあの時がこの人生の始まりで 初めて唄った秋の日はバラードという名の旅立ち

聖母たちのララバイ

さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを

センチメンタル

夢のようね今の私 しあわせ あの日 めぐり逢えたあなた 恋のめばえ

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せをうたってる 見上げてごらん夜の星を

夢の線路

悲しみが続くだけの 線路なんてない ひと駅ずつひと駅ずつ 出逢えた笑顔たち この道をたどれば

愛という名の勇気

涙ふきましょう 誰もあやまちを 繰り返し 生きているわ 闘いながら

もしもあなたが 雨に濡れ 言い訳さえも できないほどに 何かに深く

春おぼろ

桜の花は もう六分咲き 見上げることなく あなたは急ぐ ごめんなさいね

この愛を未来へ

あなたと私は 今みつめあい 言葉も交わさないで 愛にみたされた

シンデレラ・ハネムーン

いつでも 二人は シンデレラ・ハネムーン 時計に 追われる

真夏のサクラ

好きな歌さえも どこかに忘れたよう 人のぬくもりまでも そっと遠ざけて めぐる季節の

ずっとずっと

ねぇもっと自然に 手を繋いだり 何気ない日常を 笑い合ってみたり 新しい恋の

サルビアの花

いつもいつも思ってた サルビアの花を あなたの部屋の中に 投げ入れたくて そして

Birthday

幸せをありがとう ぬくもり届きました なによりあなたが元気でよかった 宝物をありがとう 思い出届きました

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

夢見るように愛したい

夢見る頃を過ぎても 変わらぬものが ひとつあるね 初めて恋をした日の 震える空の

恋文

探るような眼で恋したりしない あなたの味方にどんな時だってなれる 試すような眼で恋したりしない あなたのすべてが宝物だった 嘘でも芝居でも

麗しのカトリーヌ

あの日と同じに緑 色の服着て 椅子にかける そして街を見おろす ごめんね遅れて

もいちどデュエット

憂鬱な朝 泣いてる空 思い出したら 今と同じ微笑みの あなたが抱きしめた

街の灯り

そばに誰かいないと 沈みそうなこの胸 まるで潮がひいたあとの 暗い海のように ふれる肩のぬくもり

駅 with 大江千里

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり

私たち

名も知らぬ 花が咲いています あなたを待つ日は なぜかうすぐもりね 下向けば

全て見る