1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岩崎宏美

岩崎宏美の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

シアワセ色

あなたに恋をして すこし照れたりして あなたが眩しくて 追いかけてみたりして

別れの予感

泣き出してしまいそう 痛いほど好きだから どこへも行かないで 息を止めてそばにいて 身体からこの心

つめたい火傷

ねぇ 今 愛してると 伝えようと 両刃の剣

どうぞこのまま

この確かな 時間だけが 今の二人に 与えられた 唯一の

残したい花について

何を残そうかな 今日生きた記念に 下手だけど精一杯 頑張ったんだから 悔しかったことや

シンデレラ・ハネムーン

いつでも 二人は シンデレラ・ハネムーン 時計に 追われる

思秋期

足音もなく行き過ぎた 季節をひとり見送って はらはら涙あふれる 私十八 無口だけれどあたたかい

五線紙の上

産まれたときにもらったこの声は母からの贈り物 夢の扉を開けて初めて人前で唄ったあの日 涙流したあの時がこの人生の始まりで 初めて唄った秋の日はバラードという名の旅立ち

ぼくのベストフレンドへ(週刊ポケモン放送局 ED)

赤いほっぺ 黄色のシャツ ギザギザ模様の ぼくのベストフレンド 白いページ

聖母たちのララバイ

さあ 眠りなさい 疲れきった 体を投げだして 青いそのまぶたを

ロマンス

あなたお願いよ 席を立たないで 息がかかるほど そばに いてほしい

街の灯り

そばに誰かいないと 沈みそうなこの胸 まるで潮がひいたあとの 暗い海のように ふれる肩のぬくもり

ラスト・シーン

何年でも待つよといったら あなたは さびしく微笑みながら そんなことをしたら不幸になるわ 忘れた方がいいという

25時の愛の歌

あたたかい胸に 抱かれると 闇が 白い炎になる 愛するふたつの

すみれ色の涙

すみれって すみれって ブルーな恋人どうしが キスして キスして

決心

パーティーを逃げ出して 渚へ走るセダン 片手でタイをむしり取る むこう見ずな貴族 あなたの中の少年を

夢の線路

悲しみが続くだけの 線路なんてない ひと駅ずつひと駅ずつ 出逢えた笑顔たち この道をたどれば

真夏のサクラ

好きな歌さえも どこかに忘れたよう 人のぬくもりまでも そっと遠ざけて めぐる季節の

絆(揖保乃糸CMソング)

親戚や他人の家を転々と 暮らす事を余儀なくされたあなたは 学校へも行けず食べたいものも 食べられず涙こらえて生きてきた

摩天楼

港から見上げる都会を 包むのは罪つくりな雨 哀しみとあの時いえない 言葉だけポシェットに入れて あなたの部屋を訪ねたら

ぼくのプルー(NHKみんなのうた)

プルー あれからぼくは いろんな街で小鳥のように 優しい指をさがしていた おまえになら哀しみさえも

あなたへ ~いつまでも いつでも~

愛しいあなたが今まで どんな風に傷ついて生きたか それでも自分を捨てないで 心を護って生きてきたか あの時にも

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない いつ

万華鏡

夢だと言って 嘘だと言って 幻だよとあなた 灼けつく こんな想い

二重唱

あなたがいて私がいて ほかに何もない ただ 秘密の匂い たちこめるだけ

いのちの理由

私が生まれてきた訳は 父と母とに出会うため 私が生まれてきた訳は きょうだいたちに出会うため 私が生まれてきた訳は

恋のフーガ with 岩崎良美、アロージャズオーケストラ

追いかけて 追いかけて すがりつきたいの あの人が 消えてゆく

I DREAMED A DREAM~夢やぶれて~

昔は男も 甘い言葉ささやいたわ 恋に酔いしれてた 世界は歌 歌にときめいた

忘れないで-イッチマ-

ハナド チョクムド イッチマラヨ ネガ ギョテ

伝わりますか

淡い紅を かるくのせて 想い出追えば 娘にかえる 恋を知れば

全て見る