1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岸洋子

岸洋子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

聞かせてよ愛の言葉を(PARLEZ MOI D'AMOUR)

愛のその言葉を 繰りかえし 甘くこの胸に囁いてネ 愛のあの言葉を 心からわたしに

希望

希望という名の あなたをたずねて 遠い国へと また汽車にのる あなたは昔の

酔いしれて

恋に苦しみ 恋に泣いて 恋に狂った 私なのに 恋のせつなさ

私の回転木馬 (MON MANAGE A MOI)

クルクルまわる 回転木馬 いつでも世界が 祭りのように 陽気にまわって

昔きいたシャンソン

昔きいたあのシャンソン 別れの歌 ふられた男 街角にたちすくみ 人の流れに目をこらす

雨(LA PIOGGIA )

恋の夢を見つけたのよ あなたの腕の中で エメラルドの素敵な海を知ったの いつまでも

時計

私達のために 時計をとめて いつまでも今宵が すぎないように あなたとふたり

今宵あなたが聞く歌は

あなたの胸で聞きたいの この歌こそ いま一度 私を忘れて すてて行った

夜明けのうた(テレビまんが 昭和物語 ED)

夜明けの うたよ 私の 心の きのうの

想い出のソレンツァーラ

私のソレンツァーラ 夜の浜辺に 甘く聞こえる あのなつかしい 想い出のギター

詩人の魂

はるかな昔に さりし人の歌 今日も街に流る おもかげ知らずに

ヴォラーレ(VOLARE)~NEL BLU DIPINTO DI BLU~

ヴォラーレ オーオー カンターレ オーオーオーオー 青空たかく

サン・トワ・マミー

二人の恋は 終ったのね 許してさえ くれないあなた さよならと

雪が降る

Tombe la neige あなたは来ない Tombe

枯葉

風の中の灯 消えて行った幸福を 底知らぬ闇の中 はかなくも呼び返す 夜の静寂流れて

ラスト・ダンスは私と

好きな人を抱いて 踊りなさい遠慮せずに 私にかまわず 思うままに踊るのよ けれどもこれだけは

さくらんぼの実る頃(LE TEMPS DE CERISES)

さくらんぼ実る頃は うぐいすや つぐみたち お祭り気分よ 恋人は胸の中に

コマン・サ・バ

コマン・サ・バ コムシ・ コムシ・コムシ・コムサ ひさしぶりだもの いいわ飲むくらい

愛あるかぎり

にがい涙も くちづけだけで みんなゆるした 女のこころ 逢いたかったわ

恋心 L'amour C'est pour Rien

恋は不思議ね 消えたはずの 灰の中から 何故に燃える ときめく心

恋人よ何故

一人にしないでね ここにいてよあなた もう私は空へ 一人だけでは飛べない あなたは知らないの

別離

もうこれで 終りなの あなたとの 愛のくらし 明日からは

スエーデンの城

暗い冬の夜がくる 雪は舞う シャトー・アン・スエード とざされた城の奥に 嫉妬は渦巻く

人の気も知らないで

人の気も知らないで 涙もみせず 笑って 別れられる 心の人だった

黒い鷲(L`AIGLE NOIR DEDIE A LAURENCE)

いつか忘れたけど ある日 目が覚めると 大きな空が裂けて 黒い鷲が飛んできたの

愛の讃歌

空がくずれ落ちて 大地がこわれても 恐れはしないわ どんなことでも 愛が続く限り

ケ・サラ

平和で美しい国 信じあえる人ばかり だけど明日は どうなることやら だれも

甦る明日

光を探しながら 歩いた長い夜も 今日は 消えて 雲のかなた

二重唱

たぶん誰でもそうでしょうけど わたしの中にもうひとり わたしという女がいてね お喋りばかりしているの ふたりで

たわむれないで

たわむれは やめてほしいの 誠こそは 尊いものよ あなたには

全て見る