1. 歌詞検索UtaTen
  2. 川中美幸

川中美幸の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ふたり酒

生きてゆくのが つらい日は おまえと酒が あればいい 飲もうよ

ふたり花

かわす目と目で 話ができる それが夫婦と いうけれど 暗い夜道を

あなたと生きる

も一度あなたに 逢いたいと つぶやきながら 朝餉の支度 桜がいちりん

能登はやさしや

神のみやしろ タブの杜 千年の風 吹いている

深川浪花物語

浪花の生まれ お転婆が もう駄目なんていうんじゃないよ 深川不動 ご利益通り

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

おんなの一生~汗の花~

負けちゃ駄目だと 手紙の中に 皺くちゃ お札が 入ってた

木曽川しぐれ

旅に身をひく 女の肩に 俄か雨ふる 馬籠の峠 さだめという名の

花ぼうろ~霧氷の宿~

深山の霧の 冬化粧 誰が名付けた 花ぼうろ あなたを愛した

越前岬

きこえるはずない 汽笛を聴いて 飲めば泣きそな ひとり酒 ついてゆきたい

大河の流れ

大河の流れも 水源たどりゃ 天からしたたる ひと滴 立つ瀬

二輪草

あなたおまえ 呼んで呼ばれて 寄り添って やさしく私を いたわって…

ふたりの絆

はなればなれは 淋しいけれど こころひとつで 結びあう それがふたりの

吾亦紅~移りゆく日々~

秋草の 淋しい花です 人の目を ひくような 派手さは何も

艶冶な気分

猫はあなたになついてて 呼んでみたって知らん顔 三日三晩のあらしなら 四日たったら収まるわ 三日月は薄情け

ふたりの春

なにも いらない あなたが欲しい いのち重ねて くださいね

うすゆき草

おなじ歩幅で これからも ふたり歩いて 行けたらいいね 北風に吹かれて

無錫旅情

君の知らない 異国の街で 君を想えば 泣けてくる おれなど忘れて

忍ぶ川

凍えた両手に 息ふきかけて ぬくもり くれる 人がいる

いなか侍

ふるさと捨てゝ 悔いてると 悲しい便りをくれたひと 馬鹿ね 帰っておいでよ

津軽海峡冬景色

上野発の夜行列車 おりた時から 青森駅は雪の中 北へ帰る人の群れは 誰も無口で

豊後水道

背のびした 恋破れ なぐさめる人もなく 信じていたのに あなたはもう来ない

奥飛騨の女

霧にかすんだ奥飛騨の なぜか侘しい 湯のけむり すすり泣くよな 虫の音聞けば

夢前川

湯の香が誘う夢灯り なんで私を泣かすのか 教えて欲しい 夢前川よ 少こし倖せ

愛は別離

恋だって命だって 終わる時が来る あなたとの幸せも 終わる時が来る 時間の流れに

一路一生

海より深い 母の愛 はげます父の 声がする 今宵も集う

月の砂漠

あなたの瞳は なんの色 月の裏側の 海の色 夜ごとに抱かれて

寝台特急北斗星

お休みをいただきました 五泊六日の旅に出ます 夜が明けたら 北国の 雪の景色がのぞみです

人生ごよみ

長い道のり 雨風しのぎ 越えて来ました 七坂峠 貧しさ嘆く

雪國

好きよあなた 今でも今でも 暦はもう少しで 今年も終りですね 逢いたくて恋しくて

全て見る