1. 歌詞検索UtaTen
  2. 摩天楼オペラ

摩天楼オペラの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

喝采と激情のグロリア

幾重にも重なる記憶を 愛し自分を認めては繰り返す 本能のまま あるがまま 感じてるまま

Murder Scope

I don't wanna murder you

孤独を知るには一秒も長すぎる

有り余る時間が 誰にも平等に与えられ 百年続くものと思っていた 僕はパッと襟を掴まれた

Jolly Rogerに杯を

喜びを歌え 勝利の美酒と 担いだもの全て 放り投げて 地球の真ん中

Justice

どれだけの善意が どれだけの悪意が この地上にへばりついてる 人の為だって 胸張って悟りきってる

アブサン

いつまで張り詰めた気持ちのまんまいるの? ここら辺でちょっぴり呑みませんか? ぐるぐる回ってる ぐるぐる回ってる

濡らした唇でキスをして

火照った息が首筋を撫で ゆっくりと耳を塞いだ 泥濘るんでいく まどろんでいく アルコールが遠く近くなる

Invisible Chaos

向日葵のように天を仰いでいれれば こんな闇の雨に溺れることもなかっただろう 憎むべきものも見えない 何も見えない

悪魔の翼

守るべきものを守っていくこと どうしてそれを疑えるの? (No mercy Lucifer)

Diorama Wonderland

Creature - that's what I

落とし穴の底はこんな世界

汗ばむ皮膚を伝っていく 汚らわしい温かさ この手が この命が 泡を立て奮い立つ

もう一人の花嫁

真っ白な輝きがふいに歪んで見えた こんな気持ちでもまだ涙は流れるの 終わったの こんな形で

Voyage

まだ見たことのない景色ばかりなんだ 僕の知る世界は何十年経ってもまだ 君の知る世界はどんな色をしてる? どんな景色の中

あの日のままの世界線に向かって

自分が不安定だ 思いつく全ての 負の感情だけがやってきて どこかの映画に出てきたような 蠢く虫の湖に

The Gambler

Lay down びびってるぜ Tack on

覇道の火よ

轟音を響かせ 砂を巻き上げて進む この胸を打ち付け 疾走していく鼓動 突き進め

PHOENIX

ああ 叫びだしそうな夜を 終わらせてくれたのはいつものように 僕が愛した 僕らが愛してきたもの

愛した人

最後に見た君の香りは もう 僕の知らない人みたいで 別れ話したような気もするけど 覚えちゃいない

GREEN WORKER

何十年だって 何百年だって 汗水垂らして働け 眠るんじゃねえ 休むんじゃねえ

GLORIA

奇跡はただ物静かに 僕らのすぐ傍らに座ってる 今はまだ時じゃない いつか来るフィナーレへと 翼を休めて

Merry Drinker

吐いても 吐きだしても まだまだ明日がちらついてる 喉から流し込む もうなんもかんも

Innovational Symphonia

命を照らされても 輝きは生まれない 燃やし尽くせる覚悟が 私の生きた証さ

ニューシネマパラダイス

思いおこせる人なんてそういないけれど 私も少しは誰かの記憶にいるのかな あの人は今 どんな生活をしてるの? もう生きているかもわからないけど

ICARUS

私が生まれてからもう何十年 一度だって空を飛んだことはない 太陽に焼かれ落ちていったイカロスは 羽ばたけることを疑いもしなかった

Excalibur

幸運をためらうな 必然と思え 不運を信じるな 前だけを見ろ 背中丸めて呑むために俺は

青く透明なこの神秘の海へ

騒がしい声達 煙草の匂いに乗って 耳を塞いでも 笑い声は消えない

天国の在る場所

湧き上がる人々の声 僕らは生きようと 声を上げ 願いを込めた 天国の在る場所へ

journey to AVALON

Go on a journey to

魂のルフラン

私に還りなさい 記憶をたどり 優しさと夢の水源へ もいちど星にひかれ 生まれるために

Mermaid

泳いでいくその先に ある希望の差に今は惑う あるかどうかもわからない 真っ暗の闇に落ちてしまいそうで

全て見る