1. 歌詞検索UtaTen
  2. 新沼謙治

新沼謙治の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

津軽恋女

津軽の海よ 竜飛岬は 吹雪に凍えるよ 日毎夜毎 海鳴りばかり

嫁に来ないか

嫁に来ないか ぼくのところへ さくら色した 君がほしいよ 日の暮の公園で

情け川

くわえ煙草の 赤い火が 指ではじけて 螢になった なにか言ってよ

待たせたね

待たせたね もう何処にも ゆかない 待たせたね

風とともに…

恋心 風とともに あの時代に捨てたはずさ 胸が熱くなる 純な気持ちで泣いたっけ

旅路

北の旅路の 行き着く先は ふたり暮らした この町だった 潮の匂いが

ありがとう、友よ

友よ 初めて出あった時も 今 別れ告げる時も やさしい

愛妻 北挽歌

鰊が獲れた あの頃は 俺も女房も 若かった 番屋暮らしの

くちづけ

傷ある心 寒いなら 子供みたいに 甘えて眠れ やがて夜明けの

北を恋うる歌

みなと盛り場西へ流れて きょうは瀬戸内潮泊り 酒つぐ女の北国なまりに 男のこころが風になる ゆきずりの港町

凧あげ峠

旅へ出るにも 変えるにも 越さにゃならない 坂の道 凧

おもいで岬

春はたき火の燃えのこり 消えた流氷 とぶ鴎 酒を片手の 親父らが

おもかげ遠歌

とじた瞼のヨー 向うに浮かぶヨー 遅い春くる 桑畑 面影村は

ヘッドライト

北へ走ろう お前と二人 北は雪どけごろだろう 春もあるだろう そんなに泣くなよ

盛川

ひぐらし鳴いてた 山あいで 親父とふたり 釣りをした 川のせせらぎ

まぼろしのキラク

浜の爺様が 酔うたび聞かす 伝え語りの キラクの話 夢をみるよな

明日は花咲け

俺じゃつくれぬ お前の笑顔 夢をくれるさ あいつはきっと 明日は

厚田村

北は 寒いからね 春は遅いさ 五月だよ 人のいいこと

さよなら橋

さよならは雨の日に言うものじゃない 辛さだけが染み入るように残ってしまうよ さよならは晴れた日にするものなのさ また逢えそな笑顔のまま旅立つことだよ そして未来のことは風にまかせ

旅先の雨に

つま先に雨 旅先の雨 気まじめ過ぎた 恋の重さを 逃れた旅と

前田音頭

高くそびえる 今出の山に 昇る朝日の 陽を浴びて オラがふるさと

寝台列車

眠れないのか 下のベッドの 君のため息 聞こえてくるよ 無理もないのさ

酒とふたりづれ

おまえが泣いて 泣いているような 露地の灯りに 雨がふる 少し濃い目の

さらば荒野よ

花を踏んで 大人になるなら 子供でいたいと きみは云う 花を散らして

星空に抱かれて

めぐりゆく 季節の中で 空にいる 星を仰げば 失くしては

風列車

故郷の空は 夜明け前 ま白い山に 冬銀河 男の心を

陽だまりの町

島のあいだを 舟が行く 舟の後から 鴎が追う 風の岬は

俺の昭和が遠くなる

何から何まで やるせない 飲んでも心底 酔えなくて ひとり心の

銀河の町から

一つ一つの 色を持ち 思い思いに 煌めいて いつも笑って

男のやせがまん

夢が叶って 良かったと 一言 書いてある そんな手紙を

全て見る