1. 歌詞検索UtaTen
  2. 杉良太郎

杉良太郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ぼけたらあかん長生きしなはれ

年をとったら出しゃばらず 憎まれ口に泣きごとに 人のかげぐち愚痴いわず 他人のことは誉めなはれ 知ってることでも

ああ人生に涙あり

人生 楽ありゃ苦もあるさ 涙のあとには 虹も出る 歩いてゆくんだ

おまえとおれ

そんなに好きじゃなかったんだよ 初めはさ それほど いい女でもないお前にさ どうかしてたよ

明日の詩

たとえひと時の やすらぎでも あれば明日から 生きてゆけると つぶやいた

すきま風

人を愛して 人は心ひらき 傷ついて すきま風知るだろう いいさそれでも

霧の波止場

霧にけむる 港に立ち 口笛を吹けば はるか沖に むせぶような

北からの手紙

愛しながらも 言いだせず 好かれながらも 気がつかず 別れて

無法松の一生(度胸千両入り)

小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い 無法一代

吉野に風が

他愛ない 諍いの 煩わしさを 逃げて 訪ねた

なやみ

左の腕が 今朝はしびれる お前の肩抱き ひと晩眠った 男のアパート

雨の物語

泣いてすがるお前を 道端に残して 車のドアをしめる 俺の冷たさよ 雨よ降れ残酷に

花一輪

苦労をさせたね 泣かせたね 見てはだめよと 荒れた手を 袂でかくし

一心太助

「やい やい やい やい 無理が通って道理が引っ込むような

ひとり旅

旅に出て良かった 一人旅だから良かった 一人で行って良かった 足のむくまま 気の向くままに

神様への手紙

私は神様に 手紙を書きました 世界のあちこちで 戦争が続いて 罪のない人々が亡くなり

三度笠

「泣くのは やめておくんなさいよ 泣くのが嫌さに笑って すごすはぐれの異三郎 他人が泣くのを見るのも

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

心くばり

秋には枯葉が舗道に ハラハラこぼれ落ちて 一日黄色く輝き 三日たてば色褪せ 永遠を信じた恋でも

瞼の母

軒下三寸 借りうけまして 申し上げます おっ母さん たった一言

ぬくもり

もう誰も愛さない もう何も信じない 心を固く閉じたまま ひとり闇におびえて おまえはふるえてた

飛翔

肩にそっと置く手にも おまえは震えてた 傷ついた小鳥は 誰に射たれたのか

流離

俄か雨のようにカラッ風のように 人生は何も語らずに通り過ぎて行くのか 流離うこの身なぜ染める 茜雲

望郷の唄

まだ明け染めぬ 山河に向かい ただひとり手を振って 別れの挨拶をした

平手造酒 大利根囃子

人のいく道 数あれど 好きで選んだ 剣の道 夜空に咲いた

杉良太郎の君こそわが命

あなたをほんとは さがしてた 汚れ汚れて 傷ついて 死ぬまで逢えぬと

北の女

白い氷柱で 死ぬことも できるといった 一途なおまえ うらみながらも

旅路

誰が呼ぶのか誘うのか 時雨ふるわせ鳴る汽笛 二度と帰らぬ人を乗せ 夜汽車は走る

まんまる音頭

(ソーレ ソレ ソレ ソレ ソレ)

大好きふるさと

ふるさとの空はいつでも晴れて 長靴をはいた おじさんが ドライアイスの けむりあげ

俺のうた

辛い時には 拳をにぎり 天を睨んで 生きてきた 神戸で生まれて

全て見る