1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松たか子

松たか子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

Let It Go~ありのままで~

エルサ: 降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に ひとりのわたし

おとなの掟(Doughnuts Hole TBS系 火曜ドラマ『カルテット』主題歌)

真っ黒な中に一つ消えては浮かぶ吐息よ 冷たい闇夜は僕の願い飲み込み匿います 真っ白な息がいまもっとも無垢な本音と 悴んだ声でなにを歌う?嘘でも本当でも

明日はどこから(NHKテレビドラマ 「わろてんか」 主題歌)

出かける時の忘れ物 ひょいとつかむ ハンカチのように 心の中に すべり込む

明日、春が来たら

走る君を 見てた 白いボール きらきら 放物線

500マイル

次の汽車が 駅に着いたら この街を離れ 遠く 500マイルの

レット・イット・ゴー~ありのままで~(日本語歌)

降り始めた雪は 足跡消して 真っ白な世界に 一人の私 風が心に

WIND SONG(ジャングル大帝(新) ED)

いつかきっと東の空に 青い星ふたつ流れて 遥か遠い記憶の中の あなたに会える close

夢のしずく

愛よりも恋よりもはやく あなたに出逢った いたずらが 私のすべてを変えてゆく 恋におちてゆく…

おやすみ

もう一度 あなたの 声が 聞きたくなったから

ありきたりな女

幼い頃から耳を澄ませば、ほんとうに小さな音も聴こえて来た。遠い雲 が雨を手放す間に、木々の笑う声。時と言う時はそう音楽になり、欲しい ものなどなかった。 どれほど強く望もうとも、どれほど深く祈ろうとも、もう聴こえない。 あなたの命を聴き取るため、代わりに失ったわたしのあの素晴らしき世界。

ほんとの気持ち

私きっと あなたを 好きにはならない 返事も短いし 優しくないし

つなぐもの(映画『嘘を愛する女』の主題歌)

海岸までとおく バス停でおしゃべり 目をふせる角度 みつけたな それもきみとの記憶

みんなひとり

荒んだ世界に あなたのような人が いることに感謝 夢が遠く見えて 肩落とす夜は

空の鏡

はしゃぐ子猫の ミルクを温め やっぱりあのセーター 買おうと思う たとえば月なら

夢のほとりで逢いましょう

眠れない夜は 夢をみるかわりに 記憶をたどるよ 恋人同士と

Stay with me

ねぇ 何か答えてよ ねぇ 私の問いかけに WOO…

三時の子守歌

夢を見なさい 僕の膝で 古いレコードを 聞きながら 風も光も

リユニオン

おろしたてのミュールで向かうのは あの人が待っているリストランテ 五年ぶりの再会に そわそわと急ぎ足 突然のさよならを告げられて

ごめんね。

このままでいいならね それもシアワセかな あなたの夢に かさなってるだけならね つないだ指の熱さが

真冬のメモリーズ

白い夜空と はしゃいだ街に はじかれたホーリーナイト 世間じゃハッピーナイト オンナ同士でふたりは

500Miles

If you miss the train

黄昏電車

悲しい鳥は泣きながらひらひら 帰りの途中 私は見つめてる いつの間にかに 忘れてたさよなら

愛が私に教えてくれたこと

低気圧 眉かげらせる 雲の客船 ハンドルに顔を伏せたら 泣きじゃくる夏

沈丁花

幼いあの頃の 散歩道に そっと 咲いてた 白い沈丁花

優しい風

泣き疲れた 子供のように さしのべた手も そのまま 涙さえ

明日、春が来たら 97-07

走る君を見てた 白いボール きらきら 放物線描いて 記憶の奥へ飛んだ

冬のトレモロ

危ないと知りながら 渡った橋で折れたヒール 思い出と引きかえに 人知れずそっと捨てた

花のように

風が運ぶ風鈴の音に 振り返れば夏空 白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径 君は何処へ消えたの

桜の雨、いつか

春の光に 包まれたままで 一人 息をひそめ 泣いていた

きっと伝えて(獣の奏者エリン ED)

描いていた夢は 触れてみたくてのばす その指先で淡く消えた どうか

全て見る