1. 歌詞検索UtaTen
  2. 松原健之

松原健之の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

最北シネマ

利尻の船を 待ちながら きみが訪ねた 映画館 スクリーン

夕風にひとり

秋は黙って やってきた コスモスが 揺れている 過ぎて行った

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星もみえない 湖にひとり ちぎれた愛の

北の物語り

旅の人なら めぐり逢っても 明日は落葉の 坂の街 運河を染めてる

やすらぎの時代へ

みどりの地球を 子供たちへ 仲良く暮らせる 明日のために 降りそそぐよ

愛の水中花

これも愛 あれも愛 たぶん愛 きっと愛

木蘭の涙

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる

ブルー・スカイ ~あなたと飛びたい~

つばさに 朝露光らせて いま飛んでいるのね 探しものはどこにあるやら わからないのに

エリカの花散るとき

青い海を見つめて 伊豆の山かげに エリカの花は 咲くという 別れたひとの

雪が降る 立ち話してるだけで 雪が積もる ふたりの傘に あなたは明日行ってしまう

はじめは誰も 脆い種 芽が出るまでは 知る人もない 時雨に打たれ

あの町へ帰りたい

たそがれの 歩道橋から しみじみと 北国のふるさとを 思い出してます

ふるさとの空遠く

たえまなく 流れる歌は あの日の 母の子守歌 いつしか

津軽のふるさと

りんごのふるさとは 北国の果て うらうらと 山肌に 抱かれて

旅愁

あなたをさがして 此処まで来たの 恋しいあなたあなた 今何処に 風にゆれ

うそ

折れた煙草の 吸いがらで あなたの嘘が わかるのよ 誰かいい女

アメリカ橋

風が足もとを 通りすぎてゆく 久しぶりだねと 照れてわらいあって― アメリカ橋のたもと

咲線 ~いま君に会いたい~

根室行き わずか一両の 古ぼけた 列車だったよね 最果ての

愛だの恋だの

揺れる花びら 小さな窓辺 あの頃の想いが 胸をかすめる あなたひとりを

Elegy こころの道

星のない 空の下 どこまでも つづく道 この道は

最後の雨

さよなら呟く 君が 僕の傘 残して 駈けだしてゆく

愛のうた

愛のうた ききたくて 風に吹かれ 旅に出る もういちど

もし翼があったなら

もし 孤独を感じたら もし こころが乾いたら 旅に出よう

星の旅びと

やさしさを求めて この町まできたの ほんとの自分を さがすため 鳥や風の歌に

あなたに逢えて

暗がりを 手探りで 漸く進む 私でした 空しさに

愛のメモリー

愛の甘いなごりに あなたはまどろむ 天使のようなその微笑みに 時は立ち止まる 窓に朝の光が

瞳の奥まで

君のすべてを 僕は知りたい 少しうつむく 瞳の奥まで 心開いて

マリモの湖

マリモの湖 探して ひとり ここまで来たのさ 北風の中

カリフォルニアコネクション

ジグザグ 気取った 都会の街並 振りむいた君の笑顔が揺れるよ 目が合えば

ミヨちゃん

(セリフ)皆さん まぁ 僕の話を聞いて下さい ちょうど僕が 高校二年で…

全て見る