1. 歌詞検索UtaTen
  2. 林伊佐緒

林伊佐緒の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

出征兵士を送る歌

わが大君に 召されたる 生命光栄ある 朝ぼらけ 讃えて送る

長崎の女

恋の涙か 蘇鉄の花が 風にこぼれる 石畳 噂にすがり

高原の宿

都思えば 日暮れの星も 胸にしみるよ 眼にしみる ああ

真室川ブギ

わたしゃ真室川の 梅の花 コーリャ あなたまた この町のうぐいすよ

夜の緋牡丹

燃える陽炎か あの日の夢か 仄かに銀の 星が降る ああ

銀座夜曲

むらさきふかみゆき 銀座はほのかに暮れて チャペルの鐘の音も 夕べの祈りをつげる たれやらうたうか

三つの恋

逢うが別れの 縁なら 残るいたみは なにゆえぞ のがれて遠く

恋の幌馬車

走れ幌馬車 急げ幌馬車 ヤッホーホーイ 望む地平の

旅路

はるばると 一人旅ゆく あの空の 星を目指して その下に

ダンスパーティーの夜

赤いドレスが よくにあう 君と初めて 逢ったのは ダンスパーティーの

ロザリオの島

静かにひびく 鐘の音に 君をいとしむ 夜の海 二度と逢えない

裏町の詩人

何を書こうと 裏町にゃ 派手に浮かれる うたもない 俺は淋しい

山男の歌

俺らと お前は山男 行く先ァ 言わずと知れたこと ザイルでつないだ

草原をゆく男

真赤な夕陽が 燃えつきて 落ちてく遥かな 地平線 何時の日にはてるやら

愛染草

明日なき夢に 抱けばとて 燃ゆるか紅き 花ダリア ああ

ダンス・パーティーの夜

歌詞公開をリクエスト!

麗人草の歌

愛の涙に やさしく濡れて 咲くが女の 命なら なぜに散らした

そっとこのまま

このまま このまま そっとこのまま ランプをつけたら 涙あふれる

若い旅愁

白い雲 わいてくずれる あのあたり青い地平に 誰か呼ぶ あゝ馬車よ行こ

若い心よ旅に出よう

青い地図をむねにひろげ 旅に出よう 悲しみの 地平の果てに 今日も亦