1. 歌詞検索UtaTen
  2. 柴田淳

柴田淳の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

あなたが泣いてしまう時は

たとえ何が起きたとしても あなたを守ってあげるから つまらないもの くだらないもの 吹き飛ばしてあげるよ

両片想い

もう出逢いなんて 訪れないと 思ってたら 私と同じように ため息ついて

人間レプリカ

剥がれ落ちてくのは この眼に映る光 誤魔化すように伏せた 取り戻すことすら

君のこと

おふざけが過ぎたんじゃないの? 見縊らないでいて 舐めないで これ以上

私はここよ ~拝啓、王子様☆シーズン5~

気のせいなら 忘れてくださいね 棘の様な視線が 突き刺さってたの 知りませんか?

迷い道

現在・過去・未来 あの人に逢ったなら 私はいつまでも待ってると誰か伝えて まるで喜劇じゃないの ひとりでいい気になって

月光浴

降り注ぐ月の光よ どうか絶やさないで 涙さえ 空にこぼれて 星に還る

理由

いつまでも甘えてる子供みたい 嘆いても変わらないわ 誰か手を差し伸べ 助けてくれると まさか思ってるの?

容疑者ギタリスト ~拝啓、王子様☆第四話~

それは白昼に起きた アパートの一室で 専業主婦が 不可解な死を遂げて 発見されたというニュース

紅蓮の月

もう見逃して 真実なんて この手で捨てたの いらないの 窓の外から

君が思えば…

もういいよ ありがとう 泣かないで かわいい人 僕は今

ほんのちょっと

大事な順番の一番は いつもあなただった でもあなたは私を いつも一番にしてくれない

嘆きの丘

目を閉じて描いてごらん 金色の穂 揺れる海原 深く息を吸い込んだら 歩き出してみて

愛をする人

私のこと 愛せないなら 私を愛してくれる人を 探して下さい どうかお願い

光る雲

私には手に入らないもの きっと… 生まれた時から空を掴んできたの それは私がまだ幼いから

東京

最終電車で 君にさよなら いつまた逢えると きいた君の言葉が 走馬燈のように

今はまだ想い出にはできない したくないの あなたと二人で見てるこの夢が 終わるまで

空の色

傷ついた心 引きずり歩いてた 出来ると思った 一人でやれると思った "帰っておいで"と

そらし目で見つけて

見つめるほど見えない 青い星みたいでいい 気のせいと思われても 瞬いてる

嫌いな女

可愛くないって 言っていても 本当は誰より可愛いって 思ってるでしょ?

さよならの前に

瞳輝かせながら 夢を語る君を 見つめているだけでいいと そう思っていたんだ

一人暮らし

いつもと違う私を そんな目で見ないで 心配しないで 少し離れるだけ 旅でもないこの荷造りを

車窓

きっとこの歌は 届かないまま消えていく 君に伝えたい事は まだあったけれど

キャッチボール

あなたと私で投げ合ったボールは 今どこにあるの? 受け止められず 仕方なく舞い落ちて 宛て無いまま転がってく

恋人よ

夢でいいから 一度だけでいいから 君に会いたい 愛しい人よ

スカイレストラン

街灯り指でたどるの 夕闇に染まるガラスに 二人して食事に来たけど 誘われたわけはきかない

飛んでイスタンブール

いつか忘れていった こんなジタンの空箱 ひねり捨てるだけで あきらめきれるひと そうよ

君にしかわからない歌

ねぇ そこにいるんでしょ もう言ってもいいかな 席を立つ前に最後 ここから君に言わせて…

カラフル

ねぇ 今日は何をしていたのかな 明日もまたすれ違えるかな あなたに片想いしてた日々 恥ずかしくなる

終電

今日もまたさよならの時間がきて ゆっくりと駅に向かい始めた つないだ手ほどかずに 強く絡めた指 終電よ

全て見る