柴田淳の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

迷い道

現在・過去・未来 あの人に逢ったなら 私はいつまでも待ってると誰か伝えて まるで喜劇じゃないの ひとりでいい気になって

ふたり

抱きしめたなら とけちゃうもの あなたがくれた 恋の心 手をつないだら

月光浴

降り注ぐ月の光よ どうか絶やさないで 涙さえ 空にこぼれて 星に還る

枕を抱え泣いた日々は もう 遠い日の夢の中 時は経ち 人の波に溺れ

涙ごはん

あなたと目が合うたび ニヤけてしまうの これが恋の目印ね 心がくすぐったくて

両片想い

もう出逢いなんて 訪れないと 思ってたら 私と同じように ため息ついて

月夜

もうこれ以上 君のこと 愛さないように離れていよう 今

愛をする人

私のこと 愛せないなら 私を愛してくれる人を 探して下さい どうかお願い

夜明けなど遠すぎる夜があるのなら どこまでも果てしない朝を探したいから 眠らせて どうか眠らせて

心がうたうとき

あなたと出逢えて 本当によかった これ以上愛せる人など きっと現れないでしょう

キャッチボール

あなたと私で投げ合ったボールは 今どこにあるの? 受け止められず 仕方なく舞い落ちて 宛て無いまま転がってく

スカイレストラン

街灯り指でたどるの 夕闇に染まるガラスに 二人して食事に来たけど 誘われたわけはきかない

透明光速で会いに行く

光る速さで 会いに行くから 見えないくらいに あなたの声で聞こえた言葉

コンビニ

遠い空に放した想いは きっとこんなふうに受け止めてもらいたかった 焦ることもない 急かすこともない

理由

いつまでも甘えてる子供みたい 嘆いても変わらないわ 誰か手を差し伸べ 助けてくれると まさか思ってるの?

ノマド

その先に何がある? 僕はまだまだ迷子のよう この胸に抱くのは 怯えた心 君のこと

Mr.サマータイム

ミスター・サマータイム さがさないで あの頃の私を ミスター・サマータイムあの夏の日 つぐなえる何かが欲しい

君にしかわからない歌

ねぇ そこにいるんでしょ もう言ってもいいかな 席を立つ前に最後 ここから君に言わせて…

バースデイ

もうすぐ訪れる その時 永遠にサヨナラをするの 会いたかったよ 抱き締めたくて

車窓

きっとこの歌は 届かないまま消えていく 君に伝えたい事は まだあったけれど

恋人よ

夢でいいから 一度だけでいいから 君に会いたい 愛しい人よ

ぼくの味方

かけがえのない大切な人 守ってあげたい そばにいたい そんなふうに思える君に出逢えた ガラスのような君だった

缶ビール

僕をわかってくれる何かを探して 今日もまた 共に歩んだ靴を脱いて終わった お疲れサマと

あなたとの日々

夢見せてくれた あなたは今も ここにいて 夜は何も恐れずその腕に抱かれ眠る日々

夜の海に立ち...

会いたいと言えたら もう会いに行ってる 愛してると言えたら 愛してるって言ってる 手をつなぎたいなら

東京

最終電車で 君にさよなら いつまた逢えると きいた君の言葉が 走馬燈のように

少女

会いたくて 会いたくて… 再びあなたに 会える夢を見てしまった

空が紅くても 虹が黒くても そばにいてほしいの… ほぉら見て

ため息

たとえば僕が 今を生きようと 全て投げ捨てたなら どうなるのかな 壊れるのかな

今はまだ想い出にはできない したくないの あなたと二人で見てるこの夢が 終わるまで

全て見る