1. 歌詞検索UtaTen
  2. 柿原徹也

柿原徹也の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ごめんね、ありがとう。

今ここに 見えるのは 当たり前じゃ ないもの 当たり前に

DIAMOND BEAT

Hey its time! Yo turn

飛行機雲

言葉にも出来やしないくらい 退屈な日々を過ごしていた 物足りない もう足りなくて 僕には何か物足りなくて

咲いちゃいな

話したくないことは話さない あの日そっと胸に閉まったんだ むずがゆい ところ 離したくないものは離さない

オジー自慢のオリオンビール

島とつくものなんでも好きで 酒に マースー ぞうりまで かりゆしウェアーでまーかいが

リングオブドランカー

あー頭いてぇな いま一体何杯目なんだ? ここまで来て「敗退→撤退」の流れなんて絶対にありえない 巡り巡ってチャンス伺って 夢にまで見て登りつめたリング(Hit

レッスンAtoB

始まっちゃうよ?始まっちゃう 今ビートの上で波乗っちゃう! この危険なテンポ アガり過ぎ注意 気を付けな前後

MOVING

だから…Let's have fun きっといつか状況が 変わっていっても

君の声に

当たり前がふっと消えた まるでナイフのようだ 君はどうしてそんなに 傷付けるのが上手いの

Othello

BLACH or WHITE Oh Yeah

ダンディギ

さぁ始めましょう みんなでセッション 月並みなShow じゃつまらないでしょう? んじゃあ何を歌にしましょう

トコナツウェーブ

(Wow-oh Wow-oh…) 眩しい日差しのもとが 何やら騒がしい

僕さ

涙なんて見せない んなもんどこかへ飛んでった いや、飛んでったわけじゃない 僕らが

My way

まるで絵に描いたような景色も 誰かが作った綺麗な歌も 全てちっぽけなもんさ 僕の夢見た世界に比べれば

碧く

そこに潜んでいる 殺したい僕の焦燥 わかってるよ もう どうにもならない

Brightness

暮れてく空 青から藍へ 移ろう色 影消してく 足ふと止め

オレンジ

どこまでも続くようなこの道のり いつの日か振り返るだろう ふっと過去を語る日が来たときには 後悔だけないように

またあした

帰り道 いつもの通り 昔と同じ 匂いがしたような気がしたんだ

DEAR MY GIRL

終わりなき長い旅路を 君の手を取り歩こう 誓いを指輪へとかえて I

ラプソディー

チューニングあわせても ノイズの消えない記憶のラプソディー 言い訳のフレーズを 繰り返すだけの壊れたメロディー

君はどう思ってるの

君はどう思ってるの? 走り出した期待に 急ぎ足な気持ちが 明日すら待ってくれないんだ

inside wall

ここから叫ぶ声はどこに届くだろう 新たな光指す場所へ 止まってしまいそうな時計の針をただ眺めているよ 本当は何もかも捨てたって構わないと思っているのに

カモンx3

カモン カモン カモン oh ベイビー

Number One

何となく眺めてしまう sunset 肩に手を回す腕のblanket このまま そのまま時を止めてしまえれば

ドラマ

ため息で訴えたって 気づくわけないよ 前髪を揃えたって? たったそれだけ?

進ませろ!

進ませろ 進ませろ 進ませろ 進ませろ I

Supernova

蒼い景色が問い掛ける 涙の色はもういらない 果てしない先の未来へ どこまでも高く舞い上がれ、強く

AGAIN AND AGAIN

残像が残る様な 目まぐるしい毎日に 結び目を探してみたって 何にも変わらない

monogram

You find the one What

world in bloom

Growing up love Growing up

全て見る