森昌子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

人生に乾杯

誰かが誰かを 愛してる 私も誰かを 愛してる ひとりは心が

越冬つばめ

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人 報われないと

春の岬

風邪をひいてる 私をだいて ぼくにうつせと 唇よせる あ…

寒椿

森のみどりに ひとすじの 想い出につづく 道がある 昼下り風吹けば

哀しみの終着駅

幼い頃から あなたのことを 探していたよな 気がします それは北の港町でも

おかあさん

やせたみたいね おかあさん ふざけて おぶって 感じたの

中学三年生

別れの季節の 悲しみを 生まれてはじめて 知りました しるしをつけた

信濃路梓川

かなかな鳴いてるひぐらしが 心にしみこむ昼下り 信濃路 梓川 ひとり旅

花魁

心は主さん一人のものと 誓った瞬間から ここも極楽 珊瑚のかんざし

哀しみ本線日本海

何処へ帰るの 海鳥たちよ シベリアおろしの 北の海 私には

想い出まくら

こんな日は あの人の 真似をして けむたそうな 顔をして

古都の春

鎌倉の坂道を父と行く昼下り 嫁ぐ日を前にして 訪れた春の寺 お前なら 幸せになると

せんせい

淡い初恋 消えた日は 雨がしとしと 降っていた 傘にかくれて

わずかばかりの 小遣いを 胸にしまって 泣きながら 別れ惜しんだ

恋は女の命の華よ

海鳴りないて 荒れる夜は 時計の針が むかしにもどる 恋は女の命の華よ

みぞれ酒

女にだって ひとりきり 酔って泣きたい 夜があります あなたに

ブーベの恋人

女の命は 野原に人知れずに咲く花よ 女の愛の命は 嵐さえ踏みこえて咲く花よ

夏の日の想い出

きれいな月が 海をてらし たたずむ影は 砂にうかび あなたの熱い

~さようなら~

さようならは こころを翔び立つ小鳩 傷ついた翼を けなげにもはばたかせ いつまでも

愛傷歌

命がいつか 終るよに 別れがくるのね 愛しても 思い出だけの

立待岬

北の岬に 咲く浜茄子の 花は紅 未練の色よ 夢を追いかけ

ある愛の詩

海よりも 美しい愛があるのを 教えてくれたのはあなた この深い愛を私は 唄うの

雛ものがたり

今年の春の雛人形は も少し飾っておきましょう 「お嫁に行く日が遠くなるよ」と 母の小言が聞きたくて すみません

涙雪

今まで愛した誰よりも あなたを愛していたみたい うまくはいかない恋と みんなに言われていたけど

故郷ごころ

私に故郷が ふたつ出来ました 生まれた町と あなたです 好きだから

あの人の船行っちゃった

船が出る出る 船が出る あなたを乗せた 船が出る リンゴの花咲く

若草の季節

若草が萌えるころ逢いましょう その時は約束をかわしましょう 一年は長いけどおたがいに 少しずつ大人びて逢いましょう 今度逢ったら

同級生

朝の改札 ぬけた時 何げないように 待っていた 昨日もらった

そんな恋酒場

男は 二種類 子犬型か 野良猫型なのか ひと夜の

メモ用紙

一人暮らしも 慣れたよなんて 便りを何度も 書いてみたけど 小さなカバンに

全て見る