1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森進一

森進一の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

北港

北の港に 汽笛がひびく 出船未練の 別れ唄 あの娘はどうして

恋はぐれ

身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束の間

瞳をとじて

朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい

港町ブルース

背のびしてみる海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたに あげた 夜をかえして

指輪

指にくいこむ 想い出よりも 今夜はやさしい あなたが欲しい 指輪

雨の桟橋

おまえは新しい夢に生きてくれ おれなんか忘れてしあわせつかめと 雨の桟橋に消えてゆく人よ 何もわかっちゃいないのよ 夢に生きろというなんて

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押さえ切れない

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる辛さ 忘れて酒をくみかわす町 人を押しのけて

銀座の女

夢をなくして また捨い 明日は咲こうとする女 そして傷つき 泣きながら

年上の女

だから分って ほしいのと そっと からんだ 白い指

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りも なんにも いらないよ

ネオンごころ

ほれちゃいけない 人だけど ほれておぼれて 死にたい気持 辛い逢いたい

昭和最後の秋のこと

貧しさも つらくない 四畳半にも夢がある 嘘をつかない約束で 肌を寄せあう

昭和流れうた

昭和流れうた 心にしみる 酒に酔う時 あなたがうかぶ どうして

I LOVE YOU

I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I

うそつき

私でよければ 傍をはなれずに 尽くし捧げる はずでした あなただけに

わるいひと

死ぬか生きるか 迷うよな 恋がしたくて あなたに惚れた はなれられない

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない すき透る桜貝 あなたの好きな色 一日に二本だけ

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は

私の恋

初めて抱かれた あの日から 幸せ約束 燃えたのよ 信じて明日を

雪の華

のびた人陰を 舗道にならべ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい

人生の並木路

泣くな妹よ 妹よ泣くな 泣けばおさない 二人して 故郷をすてた

女のワルツ

胸にきざんだ まことの愛を さがしつづけて 私は生きる 好きと云われりゃ

ゆうすげの恋

ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に散る花 あなたは夜更けに来て

女のためいき

死んでもお前を 離しはしない そんな男の 約束を 嘘と知らずに

愛しい人よ

なぜ君は 哀しくなるのか なぜいつも 自分をせめるの さびしさと

ひとり酒場で

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

冬のリヴィエラ

彼女によろしく 伝えてくれよ 今ならホテルで 寝ているはずさ 泣いたら窓辺の

さらば友よ

この次の汽車に 乗り遠くへ行くと あのひとの肩を抱き あいつはいった お前にはこの恋を

十六夜舟

乗せて下さい 十六夜舟に 月の岸辺に 葦の葉がゆれる 愛をためらう

全て見る

関連ハッシュタグ