1. 歌詞検索UtaTen
  2. 森進一

森進一の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない すき透る桜貝 あなたの好きな色 一日に二本だけ

北港

北の港に 汽笛がひびく 出船未練の 別れ唄 あの娘はどうして

港町ブルース

背のびしてみる海峡を 今日も汽笛が遠ざかる あなたに あげた 夜をかえして

昭和最後の秋のこと

貧しさも つらくない 四畳半にも夢がある 嘘をつかない約束で 肌を寄せあう

神戸の夜

あなたとわたしを 逢わせてくれた 元町通り 灯がともる お別れなんかしたくない

I LOVE YOU

I love you 今だけは悲しい歌聞きたくないよ I

冬の旅

ある日何かで これを読んだら 恋人 あなたは わかってくれ

恋はぐれ

身もだえするほど 好きだった 男の背中の そっけなさ 倖せ束の間

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りも なんにも いらないよ

ひとり酒場で

ひろい東京に ただ一人 泣いているよな 夜が来る 両手でつつむ

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

夏子ひとり

夏子が手をふる 北の駅 未練がつないだ 汽車の窓 雨のホームに

女の岬

恋のつらさに泣くよりも にげて にげて にげておいでと 呼んでる岬

さらば青春の影よ

こらえきれない空よ 降り出す雪に 過去を 抱いていたい 遠い春に二人の

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上げりゃ 空にある 雨が降る日は

男の真情

この命この命 すててもいいと 泣きながら とりすがる お前のひとみ

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も 涙の花よ どこに

ゆうすげの恋

ゆうすげは 淡い黄色よ 夜に咲き 朝に散る花 あなたは夜更けに来て

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押さえ切れない

女心

たった一度の 私の恋を あなたは 冷たく捨てるのね お前にしあわせ

冬のリヴィエラ

彼女によろしく 伝えてくれよ 今ならホテルで 寝ているはずさ 泣いたら窓辺の

波止場町

肩で泣くような 別れなど したくないわと 言ったのに 海峡一つに

花と蝶

花が女か 男が蝶か 蝶のくちづけ うけながら 花が散るとき

伊豆の女

別れを承知で 始めから 恋をしたのが 悲しくて ひとり来ました

雨の桟橋

おまえは新しい夢に生きてくれ おれなんか忘れてしあわせつかめと 雨の桟橋に消えてゆく人よ 何もわかっちゃいないのよ 夢に生きろというなんて

年上の女

だから分って ほしいのと そっと からんだ 白い指

花のブルース

夜に咲いても 花は花 朝に咲いても 花は花 ましてあなたの

瞳をとじて

朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい

夜の走り雨

屋根を濡らして 雨が降る 夜の新宿 駅裏を 消えたネオンの

指輪

指にくいこむ 想い出よりも 今夜はやさしい あなたが欲しい 指輪

全て見る

関連ハッシュタグ