1. 歌詞検索UtaTen
  2. 椿屋四重奏

椿屋四重奏の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

空中分解

俺はこの手を透かした 銀色のまばゆい陽の光 遮りながら道を歩いた お前にただれたその後に

フィナーレ

そうさ俺は いつまでも発展途上で あの日に囚われたままストップしてる 憎しみを燃やしながら走らせた

シンデレラ

壊さないから 教えてよ あなたが見た その夢を はぐれそうで

マイ・レボリューション

こめかみに突き付け 今レボリューション待ってる 気に食わない奴らに別れを 期待しない世界に別れを

NIGHTLIFE

夜な夜な集うアウトロー 誰もが知れぬ感動を 東京のど真ん中に森が 秘密主義のあんたは気取り屋

小春日和

零しまいと 空見上げて 失くしまいと 握りしめて 夜風に抱かれながら

紫陽花

言葉がいくら足りても 果たして風は起こせるかい それと一緒で僕の手では 君の心を動かせない

いばらのみち

愛なんか知らないよ 夢だって捨てたんだ それよりも欲しいものを この手で掴み取るだけさ

共犯

明日には 覚えちゃいないだろう 見せかけの光で眩ます今夜 他にする事無いから 肌を合わせて

LOVER

何も言わず傍に 雨に濡れた体を いつの間にか君は 望みを解いていた

恋わずらい

夕暮れの服をまとって 三日月の下にしゃがんだ 替えの無い代物だ 恋は 力尽きたはずの心が

BURN

赤く燃える孤独な道を 誰のものでもない 髪をなびかせ 道の先には蜃気楼 あの日を殺したくて閉じたパンドラ

太陽の焼け跡

他には何もいらない 君が知りたい あれから治まらないのさ 愛なんて 憎らしいものさ

I SHADOW

本当はそいつが 忘れられないだけ その通りだろ ほら停電した風に 目の前が突然に

ぬけがら

真昼の光に 忘れた気がした やがて沈みながら いつもの朝焼け

螺旋階段 (acoustic version)

朝もやがまた君を さらうように包み隠した かさぶたに触れながら 黙ったまま背中で逃がした

サイレンス

完全なるサイレンス 暗闇のステージ 覚醒のマイク握って 傍観の奴らにぶっ放し

朱い鳥

遠回しに書いた あなたへの思い 春の風吹いて 花のドレスまとうの

道づれ

夙に囃されて生き流るまま 袖に忍ばすは空言ばかり 自惚れは短夜に舞い落ちて 其方の手招きに明日を委ねる

トワ

額をあわせて 言葉に出さずとも 繋げられた気がした 網戸をすり抜ける風も優しい

アンブレラ

訪れた朝に響く 嘆きの雨音 僕はこの場所に 産み落とされ

ブランケット

裸足のふたりが 春風にはしゃぎながら 長いグレーの冬を 溶かすように抱き合ってた

別世界

終わらそうぜ 地下の生活 瓶詰めの 蓋をこじ開け ほら希望が

不時着

今 君と僕は 同じように あの日に戻ってた 幼い頃の無邪気さで互いを

終列車

誰も寄せつけない眼差しは あきらめが体に馴染んだから 拭えない日々にさいなまれて やがて塗りつぶせる程に

かたはらに

いつ何時も 其方の熱を傍らに 無下に恋し 面影に暮れた いつ何時も

群青

只ならぬ気配を 察する道すがら 待ち伏せる得体は 因果の影名残 目もくれず

ロスト・チルドレン

世界中に飛び散った 危険分子の遺伝子 種蒔いて水やった 未来未来未来未来

マテリアル

人の波が交わる 巨大な交差点で めまいのような無力さを ただ感じた

red blues

求めてしまうのさ 赤い肌の街に削られ いくつも無くしたけど 必ずつかまえて

全て見る