1. 歌詞検索UtaTen
  2. 池田聡

池田聡の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

モノクローム・ヴィーナス

忘れたくて 楽しんで 忘れたくて 偽りの恋をしてた 今まで

Hello

Hello 君は今何をしていますか? 雨が続いているこの頃… あの日からずっと考えてたけど もう少し時間がかかるよ

雪 ~あなたがいてくれたら~

ぼんやりしていた 僕の肩越しに あなたは笑った 「雪が降ってきた」と

濡れた髪のLonely

Lonely 愛がこわくて Lonely 夢がふるえて 心を逃げだしたいよ

j・e・a・l・o・u・s・y

ロフトのソファー 透き通る横顔 瞳はなぜか 遠くを見てる 心のヴェール

さくら

ほんのりべにきた さくらさくら ゆきどけきいて いつひらく いつわらう

色あせたBlue

勝手に愛し過ぎて 君の影を知らなかった 二人でいた時にも 秘密に隔れられた僕

マリッジ

さびしい時は さびしいって なぜ 隠さないで あなたの前で

倉庫BARにて

貴女に もっと素敵なTokyoを見せてあげたい 貴女は 愛した人の背中だけ追いかけてた

君の空になりたかった

何も言わなくても 気づき始めていた 離れてゆく気持ちには 佇むだけで

悲しみにキリがない

悲しみにキリがないよ 君を失って この胸のどこかしら いつも 泣いている

僕は君じゃない

黙りこむ君の 背中がいま もどかしさにふるえている 愛の深さをかたちにして つたえること

なにも云わないで~NO APOLOGY~

夜明けが 蒼い 指先を伸ばして 隠れた夢に ふれてく

燃えつきるまで

ピアスを失くした いちどだけのあの Sweet Kiss 忘れて欲しいと

My memories

街角を染める夕陽 帰り急ぐ 波のなかで この腕に寄り添うひと いるのに何故

東京タワーを消せるなら

さよならに 二通りあって いつもなら 地下鉄の階段 下りてゆくあなたを

Before

もっと笑顔 もっと見せて そらさないで 揺れる瞳 他の誰を

君の声が聴こえる

眠れない誰かの 冷たいCALLが響く夜 逢いたいひとよりも 逢えそうなひと選ぶ

悪女

玩具を壊していた 無邪気な手は 細く綺麗な 女の指になったね 今度はベッドの中

Heaven

あなたといま ふたり天国へと 昇りつめていく予感 とめどなく溢れる想い あなたとなら

月の舟

もしも 涙 あふれたら この胸に押しあてて 二度と

いまさらの恋

見たばかりの夢も 人は忘れてしまう あたたかい君の手も いつか消えてしまうの

さよならよりもつらい別れ

Memory 悲しくなるのは Memory きみの涙までも 愛しすぎたから

哀愛君

黄色のクーペとばし 君を追いかければ 夜明けのクラクションが胸につきささるよ Saint Mary

砂丘 ハイヌーン・ロマンス

さよならを 君は何度でも言える女さ 異国の街で よみがえる

濡れた髪のLonely(acoustic new version)

夜明けのドアを しずかに閉めて きみは靴をぬいだ 泊った場所は 髪の匂いで

tears

残したMEMOに 一言"サヨナラ" 涙さえも置き忘れた 君が辛過ぎて

Colour My World

あなたが好きなのは たとえばどんな色? たとえば今日の青空の色? 泣きたくなるほど

君を忘れない

君を忘れない 君を忘れない にぎわう街はいつも通り ふたりは

デクレッシェンド

モザイクの朝焼けが 銀の肌を染めるよ 熱帯夜すり抜けて カーニバルは終わった

全て見る