1. 歌詞検索UtaTen
  2. 沢田知可子

沢田知可子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ありのままで

独りよがりの夢が醒めて ふいに恋しくなる故郷 会いたい人なんていないよと 強がって生きて来た

空を見上げてごらん

空を見上げてごらん 小さな星が微笑む 夢を 見失っても 勇気を出して

会いたい

ビルが見える教室で ふたりは机、並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語と バスケット、そして

女ともだち

アドレスを捲ってた 何の裏づけもなく 手を止めて 目についた やっぱり

百年の恋

振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今

Day by day

歩き疲れたね ここで一休みしよう 後ろ振り返れば 長い道ができてる 離れてみたり

恋人と呼ばせて ~Let me call your sweet heart~

ねえ、朝が来るまで 恋人と呼ばせてね 抱きしめて、踊りたい その胸で… Please,

天国ポスト

ボクの弟は天国にいます 空に浮かぶ さかな雲の海を超えて 元気にしてるかな? 天使に逢えたかな?

奇蹟の花

夢に生きる すべを許しながら 時はめぐり 私は今 永遠

My Sweet Hands ~あの手 この手~

同じ夢を見てる朝 あと5分眠らせてほしいけど 夢の続きはね 目覚めたその後で見るものだから 二人の一日が今日も

HAPPY EVER AFTER

『だからって、 あなたの自慢の 女ともだち ほめる気はないわ』 カルイ

ありがとう さようなら

春 満開の 桜が祝う あと どれくらい

さとうきび畑

ざわわ ざわわ ざわわ 広いさとうきび畑は ざわわ

言葉じゃなくても with 杉山清貴

陽が滲む街路樹 約束の場所 君を待つ改札に 人影があふれてくる

天使の分け前 with ダイヤモンド☆ユカイ

勝手気儘に生きてきた お前に出会うまでは 天と地が逆さまに ひっくり返っちまったよ

海を見ていた午後

あなたを思い出す この店に来るたび 坂を上って きょうもひとり来てしまった

ありがとう

「この次生まれる時も またあなたと出逢いたい」 そんな素敵なセリフ 心で言うもの 私を支えてくれた

Feel

Feel 天国から時を越えた愛があるから いつかひとり歩きで 寂しさに胸が震える けれどFeel

背中越しの砂時計

背中越しの砂時計が 残り告げずゆっくりと 終焉を 目指して落ちてく

ありがとう さよなら

春 満開の 桜が祝う あと どれくらい

恋に落ちて

もしも 願いが叶うなら 吐息を 白いバラに 変えて

たまゆら

わたしはもう 涙をふいて あの人を待つ… もう、涙をふいて

幸せになろう

改札で手を振れば それぞれの一日に 背中、伸ばし 出かけて行く 二人また

あなたへ そしてあなたが愛した人へ

「ありがとう…」と微笑んで あなたの声が潤んだ 小さな言葉が今、あなたを物語る 吹く風の優しさと

桃色吐息

咲かせて 咲かせて 桃色吐息 あなたに 抱かれて

異国の街へ with 河口恭吾

異国の街へ 出かけませんか 良ければ次の週末あたり 内緒のままで

愛は花、君はその種子

やさしさを 押し流す 愛 それは川 魂を

瑠璃色の地球

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

時には母のない子のように

時には母のない子のように だまって海を見つめていたい 時には母のない子のように ひとりで旅に出てみたい だけど心はすぐかわる

忘れられない

あなたの Tシャツ つかんで歩いて 時々、喧嘩して いっぱい笑った…

全て見る