1. 歌詞検索UtaTen
  2. 沢田知可子

沢田知可子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

会いたい

ビルが見える教室で ふたりは机、並べて 同じ月日を過ごした すこしの英語と バスケット、そして

YaYa ~あの時代を忘れない~

胸に残る いとしい人よ 飲み明かしてた なつかしい時 Oh,oh

忘れられない

あなたの Tシャツ つかんで歩いて 時々、喧嘩して いっぱい笑った…

ありがとう

「この次生まれる時も またあなたと出逢いたい」 そんな素敵なセリフ 心で言うもの 私を支えてくれた

COME INTO MY LIFE

たそがれに 誘われてドアを開けた ざわめくラウンジ 窓際のテーブル 足を組んだその横顔

PRIDE

私は今 南の一つ星を 見上げて誓った どんな時も 微笑みを絶やさずに

空を見上げてごらん

空を見上げてごらん 小さな星が微笑む 夢を 見失っても 勇気を出して

幸せになろう

改札で手を振れば それぞれの一日に 背中、伸ばし 出かけて行く 二人また

ふたり

無邪気なふたり乗り 自転車、走らせて 交番のまえでは すまして歩く 友だちもあきれた

さくら

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ どんなに苦しい時も

恋に落ちて

もしも 願いが叶うなら 吐息を 白いバラに 変えて

瑠璃色の地球

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

Day by day

歩き疲れたね ここで一休みしよう 後ろ振り返れば 長い道ができてる 離れてみたり

あなたへ そしてあなたが愛した人へ

「ありがとう…」と微笑んで あなたの声が潤んだ 小さな言葉が今、あなたを物語る 吹く風の優しさと

Boy

砂の道づれに 哀しみをのせて 終わる恋にすがる 私を捨てよう あの夏限りのFortune

ハレルヤ with 池田聡

長い長い時が過ぎて 振り返ればそこに道が出来ている いつの間にか私たちは 思った以上に遠くまで来てた

しゃぼん玉

やっぱり恋心は 綴じ込められない 並んでも 触れない肩が 心

大きな玉ねぎの下で

ペンフレンドの 二人の恋は つのるほどに 悲しくなるのが 宿命

ふたりの風景

ココロの窓ひらいて 今日も笑っていられるように お天道様に手を合わせ 大切な朝を迎えよう 目覚めの深呼吸

MAYA

瞬きほどの未来に 滅び行く終焉の義 口止めされし叡智を 紐解かれたる誠の マントラ御身に刻み

川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが

幸せになりなさい

傷つくことなんか 怖くなかった頃には 恋はどんなときも 楽しいことだったけど

あなたがいたから

眠れずに向かえた 今年の誕生日 本当ならあなたと はしゃいでいる頃… 忘れることなんて

Still…

Still…眠れずに そっと寄り添い Still…少年の寝顔 見ている 過ぎていく一日に

冬のほたる

まあるい月の夜に ふたりで噛んだ いちご 甘い味はすぐにも消えて行きそうです

百年の恋

振り向けばいつもあなたが笑ってた 昔からそこに居たように もしあの日あの時 出逢わなければ きっと今

どんなときも。

僕の背中は自分が 思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ 不安になってしまうよ 旅立つ僕の為に

異国の街へ with 河口恭吾

異国の街へ 出かけませんか 良ければ次の週末あたり 内緒のままで

慕情

雪解けを待たずに 夢のように消えたあなたの 面影が一つずつ この胸に浮かんできました。 白い花びらほど

ハナミズキ

空を押し上げて 手を伸ばす君 五月のこと どうか来てほしい 水際まで来てほしい

全て見る

関連ハッシュタグ