沢田研二の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

勝手にしやがれ

壁ぎわに寝がえりうって 背中できいている やっぱりお前は 出て行くんだな 悪いことばかりじゃ

涙色の空

涙色の空が公園の砂ぬらし 金色の光が雲を裂いて射しこんだ 君を愛したい愛をつらぬいて どこまで惚れたって足りない I

白い部屋

朝の光りに ひとりめざめて なにげなしに あなた呼んだ 答えなんか

麗人

結婚という言葉はタブーにしよう 小さなジェラシーも束縛も ありふれたしあわせの未来図も あなたの前では忘れよう

HELLO

Hello Hello Hello Hello

夢を語れる相手がいれば

ざわめきのあとの静かさがきらいで にぎやかな祭に背を向けて来た 孤独が好きなわけじゃない 今より孤独になりたくないだけさ

確信

金色の夕暮れに 今をただ歩いてく ちっぽけな確信を ぎゅっと握りしめて

6番目のユ・ウ・ウ・ツ

泣きたいときにはいつも マドンナのほほえみで…ほら レースのハンカチ 僕に差し出すよ できすぎた恋人さ

Darling

Darling! 早くおいで 君に触れたいから Oh― Darling!

エメラルド・アイズ

緑色の瞳は 君のユウウツたたえている 琥珀色の輝き 君の希望を消さないでよ

若者ものよ

叫んでも 叫んでも どうしょうもなく届きゃしないが POWERLESS POWERLESS

渚のラブレター

最後の夜だから 少し歩こう 人影まばらな道 二人えらんで はじめて逢った頃の

想い出のアニー・ローリー

OH! BABY, BABY, BABY 好きなんだ

MEMORIES

Starlight that shone among your

君の笑顔が最高

君の笑顔が最高なんだ だから つぶらな瞳濡らさないで どうか 君が瞳を曇らせたのは

G.S.I LOVE YOU

Misty night for lovers Feeling

あの娘に御用心

顔を見ちゃだめさ 視線をあわせないように あわせたが最後 君はあの娘のとりこ

あなたでよかった

ひたいを押しつける 上着に染みついた 強い煙草の匂いと 抱き上げられるたび

捨てぜりふ

あんたの顔なんか 見たくないよと 酔った眼をして お前は叫んだ ざわめく酒場の

A・C・B

「A C B」と言う 宝物さ 60年代の

そのキスが欲しい

そのキスが欲しい 花束に囲まれ 遊び疲れて 帰り着く頃には 夢も醒めてる

渡り鳥 はぐれ鳥

港町 おいら渡り鳥 口笛であのドアを叩く おまえの望み通りに

サムライ

片手に ピストル 心に 花束 唇に

まほろばの地球

宇宙へ夢中で リカバリーなく飛んで行く 人を乗せ あんなものを乗せて飛ぶ 人類のため

エンジェル

天気予報はずれ 突然 雨 今日も 日が悪いよね

恋は邪魔もの

何も知らないお前に 優しくされて見つめる 昨日まで愛していた 女に似ているよ

危険なふたり

今日まで二人は 恋という名の 旅をしていたと 言えるあなたは 年上の女美しすぎる

天使に涙は似合わない

ミツミって名はいい名前だ パパの光ママの誠実 パパ似じゃなくて性格もね 真っ直ぐ育ったママのお陰だ

ジャスト フィット

ステーションワゴンに俺は乗り込んで 夜の荒野をかけているところ バックミラーはあとを見るかがみ ヘッドライトは前を知るあかり

AZAYAKANI

ずっとずうっと 君の変わらぬ愛に生きたい あざやかに あざやかに 200万光年の彼方まで

全て見る