1. 歌詞検索UtaTen
  2. 浜田省吾

浜田省吾の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

もうひとつの土曜日

昨夜眠れずに 泣いて いたんだろう 彼からの電話 待ち続けて

悲しみは雪のように

君の肩に悲しみが 雪のように積もる夜には 心の底から 誰かを愛することが出来るはず 孤独で

19のままさ

予備校の湿っぽい廊下で あの娘を見つけた 放課後の 図書館のロビーで 思い切って声をかけた

ミッドナイト・ブルートレイン

カーテンコール ステージライト ざわめき… 今でも 火照る躰

片想い

あの人のことなど もう忘れたいよ だって どんなに 想いを寄せても

AMERICA

ロスから サンフランシスコへ 続くフリーウェイを おれ達 ヒッチハイクした

永遠の恋人

夢の中 恋人が 僕の名を呼ぶ 少し寂しそうな 眩しい笑顔

MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ

あの娘乗せた翼 夜空へ消えてく 空港の駐車場 もう人影もない “行くな”と

遠くへ -1973年・春・20才-

やっと 試験に受かったと 喜び勇んで歩く並木道 肩にセーターと おろしたての

MONEY

この町のメインストリート 僅か数百メートル さびれた映画館と バーが5、6軒 ハイスクール出た奴等は

I am a father

額が床に付くくらい 頭を下げ 毎日働いてる 家族の明日を案じて 子供達に未来を託して

涙あふれて

ホテルのバーに坐り 雨の中に消えてく君の後姿 僕は見てる 互いの瞳の中に

路地裏の少年

真夜中の校舎の白い壁に 訣別の詩 刻み込んだ 朝焼けのホームに あいつの顔

あれから二人

この想いが どこに辿り着くのか 今は まだわからないけど 重ねた唇の

星の指輪 ~STAR RING~

髪をとかし 化粧して 一番好きな服を着て 子供達 お袋にあずけて

J.BOY

仕事終りのベルに とらわれの 心と体取り返す 夕暮れ時 ha…

家路

青く沈んだ夕闇に浮かぶ街を見おろし この人生が 何処へ俺を導くのか尋ねてみる 手に入れた形あるもの やがて失うのに

傷心

どれ程泣いたなら あなたを諦められる どれだけ遠くへ 行けば忘れられる Ah

夏の終り

サンディエゴフリーウェイを南へ走ってる 国境線越えたら砂埃舞うメキシコ 夏の終りの乾いた風が窓から おれの口笛吹き飛ばす

紫陽花のうた

六月の雨の雫 紫陽花の花 北鎌倉 横須賀線のプラットホームに君と… 静かな

DANCE

町はずれ 海辺のモーテル ベッドに湿った風 土曜の夜 貪るように

初秋

戦火に倒れた恋人を抱きしめて 泣き崩れる男を映す TVニュース 誰かを愛したら

愛しい人へ

君をこの手に 抱きしめた時 初めて 誰の為に僕が 生まれて

防波堤の上

防波堤に打ち寄せて 砕ける波を見てた Ho oh oh

君と歩いた道

もし15才のあの夏に戻って そこからもう一度やり直せたら どんな人生送るだろう? 今よりも若く強い体

八月の歌

砂浜で戯れてる 焼けた肌の女の子達 おれは修理車を工場へ運んで渋滞の中 TVじゃ この国

風を感じて (Easy to be happy)

ブルー、レッド、イエロー スクランブル交差点 しかめっ顔 片手ハンドル ネクタイほどき

初恋

海辺の田舎町 10歳の頃 ラジオから流れてきた“The Beatles” 一瞬で恋に落ちた

愛という名のもとに

ごらん街の灯りが 消えて行くよ もうすぐ始発が 走り出す さよならだね

ラストショー

さよなら バック・ミラーの中に あの頃の君を探して走る さよなら 二人演じた場面を

全て見る