1. 歌詞検索UtaTen
  2. 淡谷のり子

淡谷のり子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

小雨降る径

静かな雨 並木の雨 あなたを待つ 胸に降る 流れる唄

恋の勲章

サヨナラこそは 新しい恋の すてきな月日の 始まりなのさ サヨナラなんて

ポエマ

ああ 遥かなる君よ 呼びてひとり偲ぶ ああ悲しき唄 たそがれ迫る窓よ

枯葉 / Les feuilles mortes

窓辺に散り行く 並木の枯葉よ 想い出悲しく 偲ぶは夏の日 君が腕やさしく

夜のタンゴ

胸に迫る 懐しのタンゴ ただ一人聴く 愛のメロディ 花の香り

別れのブルース

窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の 灯が見える 夜風

雨の東京

雨の夜は 雨の夜は 逢いたさに なぜか知らないしみじみさ 柳がくれの銀座道

ジ-ラ・ジーラ

山の端に日は落ちて 果てなき我が旅路 心にしみるは 異国の風よ いとしの君の名を呼びて

LA VIE EN ROSE(バラ色の人生)

心まどわす目 いつも熱き唇 私の思ってる あなたの面影

くちびるで 私の耳かざりを はずすのが 上手だったわね いいかげん

カチューシャ物語

霧の港に 咲く花は 青い灯影に 夜ひらく 想い濡らして

マリネラ

マリネラ 君よわが腕に 踊れ夜明けまで 愛のこのルンバ

うるわしき時よ止まれ

あなたにもたれてると そのぬくもりが 私の体にしみ通る 目と目を見つめ合うと ただこの世界

花宵闇

おかしな人だね 恋の始めと終りには 両手一杯の白い バラを生ける癖がある

夢見橋

この橋で振り向く人は もう二度と逢えないと言う よそ見せずに渡るんだよと あの人は声をひそめた 初恋の夢は遙かに

星降る港のブルース

星降る港の あの波止場で さよならも 言わずに別れたが ああ

私の悲しい恋

忘れられない 二人の恋は 花咲く五月に 芽ばえた恋よ

赤いマニキュア

マニキュアの匂いが 嫌やだと言ったあの人 それなのに爪を 紅く染めた私は バカな女さ

カーテン・コール

愛の幕切れに encore(アンコール)!! もういちど 聞かせてよあなたの あの愛の歌を

しばらくあなた

しばらくあなた ごきげんよう 変りもなくて よかったわ 昔の軽さがなくなって

時は唄う

愚しくても 女の私には いつも恋しかないの…… 悲しみを手紙のように

何処にあなた

折れたルージュで イニシャルを 書けば鏡に あなたが映る 愛は哀しく

夜が私の手をひいて あなたのもとへ連れてゆく 男嫌いになったはず はずだけれども 急ぎ足

私の心はフリージア

今 私の心は 淡く黄色のフリージア ただ あなたの心に

雨のブルース

雨よ降れ降れ 悩みをながすまで どうせ涙に 濡れつつ 夜ごと

君忘れじのブルース

雨ふれば 雨に泣き 風ふけば 風に泣き そっと夜更けの

人の気も知らないで

人の気も知らないで おんな泣かせ すがるに冷たい目の色 仕打ちのつれなさ

アイ・ラヴ・パリ

アイ・ラヴ・パリ ウイ・ジュ・テイム 愛する街よ 静かに囁くセーヌも マロニエの花も

アディウ

出て行く船を送る私 悲しいつらい別れだけれど 涙をかくして笑顔で送る 船出に泣いちゃいけないものを

雨の夜のブルース

酒場横丁に雨が降るよ 濡れてつめたい唇に 想い出も夢も消えてゆく のぞみも消えはてた 雨のブルースよ

全て見る