1. 歌詞検索UtaTen
  2. 渡辺はま子

渡辺はま子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

いとしあの星

馬車が行く行く 夕風に 青い柳に ささやいて いとしこの身は

桑港のチャイナタウン

桑港のチャイナタウン 夜霧に濡れて 夢紅く 誰を待つ 柳の小窓

雨のオランダ坂

こぬか雨ふる 港の町の 蒼いガス燈の オランダ坂で 泣いて別れた

ブンガワン・ソロ(ソロの流れ)

ブンガワン・ソロ 水は青く 椰子の岸辺に 夢をささやく ブンガワン・ソロ

風は海から

風は海から 吹いてくる 沖のジャンクの 帆を吹く風よ 情けあるなら

嘆きの乙女旅

嘆きの乙女旅 翡翠の耳輪もほのゆれて 峠を越えて行くよ 後れ毛 さみし

晩香玉は夢の花

晩香玉夢の花 夢に香る花よ あの人に逢う時は いつも咲いてる あまい恋の

キューバの火祭り

白い花びら 港の風に 匂いこぼれる キューバの夜は ボンゴはずめば

上海の夜

波にジャンクの 灯がゆれる 港上海 どらが鳴る 誰に別れて

サヨンの鐘

嵐吹きまく 峯ふもと ながれ危うき 丸木橋 渡るは誰ぞ

チャンウェイ・チャンウェイ(薔薇處々開)

薔薇 薔薇 {處:

忘れちゃいやヨ

月が鏡で あったなら 恋しあなたの 面影を 夜毎うつして

ひとり静

ひとり静は 蔦の花 静かに咲いて つつましく 浮世の罪で散ってゆく

ああ洞爺丸

あらしのなかに 泣き叫ぶ 汽笛も絶えし 洞爺丸 かえらぬみ霊

愛国の花

ましろき富士の 気高さを 心の強い 楯として 御国につくす

何日君再来

忘れられない あのおもかげよ ともしび揺れる この霧のなか ふたりならんで

シナの夜

シナの夜 シナの夜よ 港の灯 紫の夜に

広東ブルース

丘の上から バンドを見れば 赤い灯青い灯 夢のいろ ゆれて流れて

紅花月夜

暮れりゃ波間に 小さく赤く ゆれるジャンクの 灯りが恋し ふる郷の

マニラの夜

マニラの夜 恋の夜 ねむの並木に 星かげゆれて 夢をささやく

マンボ上海

夜霧の上海 マンボで踊りゃ なぜだか 貴方が好きになる ああ、瞳さびしい

海鳴る空

海は夜鳴る 潮の音は 沖におどろの 曇り空 波が光るぞ

カサブランカの夜

真珠を空にちりばめて きらめく星に暮れる町 ああ カサブランカの夜でした 異郷の果てに想い出を

君待つ口紅

キスミー キスミー 私の唇、さくらん坊 ストロベリーよ紅い花 森の小径をさまよえば

ただ一度 (Das Gibt's Nur Einmal)

恋すりゃ笑顔に 涙があふれて 不思議な気持 うきうき歩けば 小鳥も野薔薇も

とんがらかっちゃ駄目よ

ねえねえ 恋すりゃ辛い ねえねえ オフィスのつとめ 課長さんの前では

長崎のお蝶さん

長崎 長崎 南の町よ 円に矢の字の マリアぶね

マンボ・チャイナ

恋のランタン 夜風にゆれる ゆれてユラユラ 夢ごこち 太鼓が弾めば

アデュー上海

アデュー上海 ガーデンブリッヂ スマローの灯よ アデュー上海 霜の雨

いつの日君帰る

面影偲ぶ 杏の花よ いく度咲けど さみしく散って 残るは嘆き

全て見る