1. 歌詞検索UtaTen
  2. 渡辺美里

渡辺美里の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

天使にかまれる

友達のままいられない 恋人にはなれない 真っ赤な糸をたどったら あなたへと続くはず

悲しいボーイフレンド

彼氏のトニックが風に漂うまで レールのとれた窓にもたれてる 何も言わないで 何も聞かないで 出来るだけ冷たくしてて

My Revolution

さよなら Sweet Pain 頬づえついていた 夜は昨日で終わるよ

Milk Hallでおあいしましょう

Good times 夜間飛行 アイスクリームソーダ Cats

冷たいミルク

夜明け前に夢できみを見た 水色のかさがふりかえる 何もできない無力なぼくは ただきみを愛すことしかできなかった

I'm Free

君の瞳 見つめていると 何も恐いものなどなくなるさ 信じるものをつかめたら 傷つけられても泣いても汚れない

My Love Your Love (たったひとりしかいないあなたへ)

果てなく続く時が 転がる石のように 流れさり 誰にも言えない夢 移りゆく街

Power -明日の子供-

修学旅行の記念写真 切りとって 下じきに 入れてた カセットのつめ

グッドバイ

16の頃 ぼくは黒い壁にもたれて 朝も昼も夜も通り過ぎる人達をながめてた 車の流れのような退屈な毎日 17号線を北へ向かう最終バスに乗る

マイセルフ

今年も夏が終わるよ 泳ぎつかれて はしゃぎつかれて セミしぐれの風に 追いたてられて

素直に泣ける日笑える日

いつからだろう 目の前の君だけ見てる ライブの帰り はじめてのキス 星が照らす

夏の歌

夏が来た 日本中に 恋の歌 聞こえてくる 休む人も

風になれたら

いつかきみに会える日のために 髪をとかしています まるで本のページめくるように 夏がすぎてゆきます

悲しき願い(Here & There)

Hey! Tell me why can't

Oh! ダーリン

ダーリン ダーリン こっち向いてよ 目をそらさないで ダーリン

12月の神様

一人で映画を見るなんて‥‥ スクリーンの中の メグが笑ってた 泡立つ心を静めては 人込み

熱いふたり

熱さが残る 唇の先 イチゴ つまんだ朝は パイロットでも

彼女が髪を切った理由

彼女が髪を切った理由を ありふれたことと笑わないで 部屋の窓から古いバースデイカードを 紙ヒコーキで飛ばしたの

きみに会えて

あの頃 この街できみと出会うまでの ぼくは ふざけた 見せかけで愛を

いつも笑って ちょっぴり泣いて。

さくらの花降る この町で 出逢って別れて まためぐり会えた

真夏のサンタクロース

太陽に向かって咲く ひまわりのように まっすぐな気持ちで 生きてゆけないの

素顔

素顔のまま 風をうけて 朝もやの街 歩いた キミの道と

キャッチボール

ふたりは夢をみた 悲しい位に ふたりとても よく似た夢をみた 19才になった春

はじめて

ねえきみ あのうた忘れたかな 盗んだ自転車二人乗りして 河原でイマジン聞きながら 土のにおいとそよぐ風

元気だしなよ

Girls in Rock Tonight 元気だしなよ

深呼吸

やさしい太陽が小さな窓にあふれているよ ボンヤリ ねぼけまなこの 町を包んでいるよ まっすぐな気持のままで

Promise

あの日 川沿いで みつけた虹も 写真に 閉じこめたまま

ここから(車買取・車査定など・中古車買取サービス『アップル』25周年記念 TV・ラジオCM)

悲しい別れがあった数だけ 出会いを又繰り返しぼくらはここまできた きみにありがとう そしてきみにもらったやさしさを

世界中にKissの嵐を

ぐっと目力あげて 深呼吸して 朝一番のヒ・カ・リ体中に感じてる ほろ苦甘いチョコを溶かすように

春の日 夏の陽 日曜日

春の日 交差点の人並みに 誰かの赤い風船飛んでゆく この先

全て見る