1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田村英里子

田村英里子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

囁きに負けちゃう

愛はいつでも 夢の中から来る 肩を抱きしめ そっと ささやくのよ

私はそよ風

森の中を蝶のようにヒラヒラ舞うバイク 悲鳴あげてしがみついた カーブを曲れば 湖が広がるの ほら青空を

さよならのしっぽ

さよならのしっぽ 風に揺れてる 追いかけないよ 過ぎた日々を……… 明日へと続く

そよ風のプロローグ

電話のベル 電話のベル わざと聞かないふり……… きっとあなた きっとあなた

街路樹のafternoon

ほら 涙をふいて 日暮れかけの街路樹ふたりきり そうよ 女の子同志

涙の半分(アイドル伝説えり子 OP)

新しい暮らしにはもう きっとあなた慣れた頃でしょ めざした未来へ続く道 願い通り歩きだしたね おどけて笑う長距離電話

プレゼント

苺のように 染め上がる胸 春の街並みは クレヨン画 ワードロープから

ロコモーション・ドリーム

ゆうべ素敵な夢を見たの お願い笑わないで聞いてよ 時代は光る2001年 二人とてもお似合いのハネムーナー すべり出したホーム

悲しみでは終わらない

あなたなんかを なぜ 好きになったんだろう 涙のような MOONLIGHT

Domino

白い郵便受け ドキドキして開ける だけど 見当たらないの あなたの手紙

虹色の涙

灼けついた砂に咲く虹色の涙 この海にどれくらい流せば逢えるでしょうか 恋しくて待ちわびて虹色の涙 この髪もどれくらいのばせば逢えるでしょうか あなた

リトル・ダーリン(少年アシベ ED)

もしも地球の裏で 君が落ち込んでたら 汽車と船と飛行機 ボクは迎えに行くよ

まかせて!チン・トン・シャン(少年アシベ OP)

たいくつにペロッと おそわれたら パヤッパ 地球儀にのって 空想旅行

去年のドレスは似合わない

去年のスーツ 出して着てみた まばゆい日曜日 ポケットの奥 あなたと行った映画の半券が

I DO LOVE YOU

夜が昼よりも優しい きのうまで 私 気付かないで 過ごしていた

連れてって

平気なふりしておどるけれど (その瞳) 明日が見えずに震えてたね ひたいに落ちた前髪を 北風が揺らすたび

悲しい一線

あなたの肩 もたれながら 波の上 溶けてく 夕焼けにはしゃいだ

好きよ

みんな素敵と騒ぐから わざと冷たい振りをした どこがいいのよ 聞こえよがしに知らん顔 やけに嫌っているじゃない

プロセス

どこまであなたのこと 深入りしてゆくの 自分自身怖い 胸が張り裂けそうに 大きくなってゆく

リバーシブル

まさかこんな風に あなたに出会うなんて 真夏のいたずらも 度が過ぎているわ 私

ひとりじめ

小粋なストールはがゆい風 マスカラはレッド シャイなルージュ フレアーのスカート腰をひねり ターンきめて視線ひとりじめ

秘密のヴェール

ペルシャの町 娘は 砂漠の果てから来たの 男たちを惑わす 妖しい光のまなざし

エスケイプ

窓に小石をぶつける合図 時計の針が ひとつになる Moonlight ひと晩だけの

星座を胸につけた夜

昼間の嵐が 洗ってくれた夏 磨いた星屑、夜空でまたたく もう許してもいいの

誘惑のチャチャ

だめよAn-An-An 誘惑のチャチャ 服の中 ハートがとろけてる やめてAn-An-An

イノセンス

葡萄色の空 遠く流れる雲めがけて サヨナラと書いた 紙飛行機を いま飛ばすの

ガーネット伝説

電話で月の夜 パティオに呼び出した 彼女のこと識ってるけど 一人できてね

seventeen

受けとめてほしいの 変わって行く私のこと 驚いてほしいの いつかはきっと

まかせて! チン・トン・シャン'93

たいくつにペロッと おそわれたら パヤッパ 地球儀にのって 空想旅行

愛のナイチンゲール(少年アシベ ED)

痛い痛いの 飛んで行けってね FU FU FU

全て見る

関連ハッシュタグ