1. 歌詞検索UtaTen
  2. 田村英里子

田村英里子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

私はそよ風

森の中を蝶のようにヒラヒラ舞うバイク 悲鳴あげてしがみついた カーブを曲れば 湖が広がるの ほら青空を

別れまぎわのYES

FRIEND まぶたを閉じて愛を見るのよ CATCH あなただけの彼が見えるはず TRY

ロコモーション・ドリーム

ゆうべ素敵な夢を見たの お願い笑わないで聞いてよ 時代は光る2001年 二人とてもお似合いのハネムーナー すべり出したホーム

リバーシブル

まさかこんな風に あなたに出会うなんて 真夏のいたずらも 度が過ぎているわ 私

リトル・ダーリン(少年アシベ ED)

もしも地球の裏で 君が落ち込んでたら 汽車と船と飛行機 ボクは迎えに行くよ

夢になりたい

つれていって煌る青春という邦 未来を獲りに行こう つま先立って 空を見上げた

誘惑のチャチャ

だめよAn-An-An 誘惑のチャチャ 服の中 ハートがとろけてる やめてAn-An-An

めまい

「幸せ?」そう尋ねたら せつない瞳のまま 鏡の向こう 私は誰

まぼろしの愛でも

あきらめるなんてできない すべてを忘れるには あなたの事あまりに深く愛し過ぎたみたいね このままそばにいていいなら

まかせて! チン・トン・シャン'93

たいくつにペロッと おそわれたら パヤッパ 地球儀にのって 空想旅行

まかせて!チン・トン・シャン(少年アシベ OP)

たいくつにペロッと おそわれたら パヤッパ 地球儀にのって 空想旅行

真剣

バイクの後にのせて 海の青が見たいの こわがる振りして 背中にギュッとしがみつくから 感じてね鼓動

プロセス

どこまであなたのこと 深入りしてゆくの 自分自身怖い 胸が張り裂けそうに 大きくなってゆく

プレゼント

苺のように 染め上がる胸 春の街並みは クレヨン画 ワードロープから

秘密のヴェール

ペルシャの町 娘は 砂漠の果てから来たの 男たちを惑わす 妖しい光のまなざし

ひとりじめ

小粋なストールはがゆい風 マスカラはレッド シャイなルージュ フレアーのスカート腰をひねり ターンきめて視線ひとりじめ

ひとりが目にしみる

シャワー浴びた後の 濡れている髪を わざと ずっと そのまま

ハッピーエンドを待っている

最後に愛をください どんなに寄り道しても いつかは幸せにして 誰にも負けないほど…

虹の島から

小首をかしげて ハイビスカスが テラスのわたしを 見てるわ

虹色の涙

灼けついた砂に咲く虹色の涙 この海にどれくらい流せば逢えるでしょうか 恋しくて待ちわびて虹色の涙 この髪もどれくらいのばせば逢えるでしょうか あなた

涙の半分(アイドル伝説えり子 OP)

新しい暮らしにはもう きっとあなた慣れた頃でしょ めざした未来へ続く道 願い通り歩きだしたね おどけて笑う長距離電話

てのひらの砂

鞄のかたすみに まぎれこんだ砂が はらはらと この部屋に 海を切りとる

連れてって

平気なふりしておどるけれど (その瞳) 明日が見えずに震えてたね ひたいに落ちた前髪を 北風が揺らすたび

冷たくしないで

片思いの恋をまぎらわせるために 詩集の表紙ながめていた ……そこへ…… 自動ドアがあいて本屋さんに貴方

太陽をさらいたい

太陽が私を変えたの 愛をそそのかした こんなに熱く燃えてゆく ふたりの味方なの

太陽のバカンス

早すぎるの 南の季節は まだ春でも 真夏のシシリー

そよ風のプロローグ

電話のベル 電話のベル わざと聞かないふり……… きっとあなた きっとあなた

そよ風のウィンク

そよ風のウィンク 抱きしめられて 南の空へと誘われるの 天然色のドレスが似合う 異国の娘になりすませば

星座を胸につけた夜

昼間の嵐が 洗ってくれた夏 磨いた星屑、夜空でまたたく もう許してもいいの

好きよ

みんな素敵と騒ぐから わざと冷たい振りをした どこがいいのよ 聞こえよがしに知らん顔 やけに嫌っているじゃない

全て見る