1. 歌詞検索UtaTen
  2. 相川七瀬

相川七瀬の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

夢見る少女じゃいられない

午前0時の交差点 微熱まじりの憂鬱 なんだかすれ違う 恋心 夜の扉すり抜けて

Round ZERO ~BLADE BRAVE(仮面ライダー剣 OP)

たった1人きりキミの存在が いつか世界のすべて変えるだろう ここにあるものは希望? 絶望?

Nostalgia

思い出の中で lonely 失くした時間の破片 まだ抱きしめて 目を閉じれば今でも

Sweet Emotion

裸足で踊ろう Volume 上げて ポップコーンほうばり 朝まで戯れるの

トラブルメイカー

ほんの少しの嘘くらい 笑ってすませば いいじゃない なぜだか今夜は こんなに

バイバイ。

なぜなんて言わないで 言わないで それ以上もう何も 聞かないで聞かないで お願いだからもう何も

恋心

ねえ 教えて欲しい もう 戻れないの? 遠く波の音

明けることのない夜 沈むことのない太陽

回転ドアの向こう側で一人きり 怯えてた この心 全部許せば あなたはきっと立ち去るの

太陽と月の結び

命はなぜ儚く 尊く美しいの 生まれたての木漏れ日に祈りを捧げて 争うことはやめて 手と手をそっとつなごう

Trick

2人で盗んだミルク色の夢は 悲しい程にロマンティックね エレベーターの中で ねぇ早くキスして あたしを奪って

UNLIMITED(アニメ「SAMURAI 7」)(SAMURAI 7 OP)

出逢いは嵐のように訪れて 私の心 変えてしまう 一緒にいれば何も怖くない この世界の終わりさえ

世界中の誰よりきっと

まぶしい季節が 黄金色に街を染めて 君の横顔 そっと包んでた まためぐり逢えたのも

碧いうさぎ

あとどれくらい 切なくなれば あなたの声が 聴こえるかしら なにげない言葉を

咲き誇れ愛しさよ

彼女いるの? なんて わざと聞かなかったのも 留守がちな夜を 問い詰めたりしないのも

midnight blue

静寂をかき消すように 鳴り響く 気まぐれなコール 幾度となく暗闇を さまよう

tAttoo

ねえ 見せてあげるよ ざらつく胸の奥を ひとつ刺さるそのたびに 棘は色を残していく

お祭り騒ぎ

お祭り騒ぎ 恋せるワタシ トキメキに 揺れて揺れて咲き乱れ この胸騒ぎ

氷の華

誰に見つからず 触れられる事もなく ただそこに咲いていた そびえ覆う孤独の雪 一輪の氷の花

万華鏡

そんな緊張してキスしないで 波打つあなたの鼓動が 私をピュアにして 正直にさせるよ 今、全部欲しいならさらって

美しい日々

「いつ終えてもいい」 冬の鳥のように寄り添って 静かに暖かなこころ あなたを想う時 私は私でいられる

僕らのEndless Dream(第64回伊勢神宮奉納全国花火大会 オープニングスターマイン 楽曲)

白い翼 明日にひろげて もとをもとにする誓いを胸に あきらめない夢と祈り oh

今でも・・・。

足早に近づいてる 夏の匂いと耳鳴り ラジコンを飛ばす少年 あなたの いない毎日

世界が終るまでは…

大都会に 僕はもう一人で 投げ捨てられた 空きカンのようだ 互いのすべてを

チョット

(I lost your love I

あっというま

きみにしてあげられることは きっとすくない ゆびおりかぞえ みじかいじかん いのちはあっというま

サクラサク

サクラの花びらが 風に転がり踊った 川の流れに舟を浮かべて またひとつ春が来て 忘れたはずの想いが

Bad Girls

壊れかけの週末 あいつら もうとっくに まともじゃない じゃれながら醒めてゆく

Zero Gravity

スパイラルの殻を破れ すぐに Destroy it 無重力にアクセスしたら

ROMANCE CODE

真夜中のハイウェイ 加速する 期待に溺れてた 満ちてく赤い月 落下する

花のように

咲いて咲いて咲いて 花のように 無我夢中に咲いてありのままで 見えないものは見えるものに宿る

全て見る