真木ひでとの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

夢よもういちど

あなただけを とても 好きよ 好きよいまでも こころがわりきいた夜も

札幌ぶるうす

たばこは おやめよ 口紅も うすめの方が にあうよと

恋あざみ

愛しあっても どうにもならぬ 今日と言う日が 行き止まり 思い出だけの

三陸海岸

北上おろしを 背に受けて 船は港を あとにする 朱塗りの秋も

恋におぼれて

ひきとめないわ帰るなら いちばんきれいな笑顔をみせて さよならひとことそう云うだけよ 平気なふりして別れて行くの サンタマリアの鐘が鳴る

雨の東京

おまえがそばに いるような そんな気がして 飲んでいる 雨の東京の

悪夢の街

許してよ 許してよ 愛が 愛が 愛が

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかにゃ わかるまい 押え切れない

おんなの夢

一度でいいから 人並に あなたの妻と 呼ばれてみたい あゝ夢を……

抱擁

頬を寄せあった あなたの匂いが 私のいちばん 好きな匂いよ 目を閉じて

百人の男

百人の男の 優しい腕よりも あんたの冷たさが ただ恋しい時もある 一緒に死のうかと

女の意地

こんなに別れが 苦しいものなら 二度と恋など したくはないわ 忘れられない

船頭小唄

おれは河原の 枯れすゝき 同じお前も 枯れすゝき どうせ二人は

夜のリズム

云いよられて 云いよられて 誘われて 誘われて 誘われて

ほたる川

甘いネオンの こぼれ灯にひかれ 今夜も来たんだね 泣きながら 一つ

石狩挽歌

海猫が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖の ヤン衆がさわぐ 雪に埋もれた

片想い

だめよ 未練がつのるから もうこれ以上 逢えないわ 恋に乱れた

涙の輪舞

愛してほしい お願いだから 戻って来てよ 今すぐここに いつからあんたと他人になった

バラの一枝

愛がほしいと 眼をとじりゃ あなた優しい 絵そらごと 一緒に死のうか

しあわせうすい女です

なんども男に 裏切られ 歩きつづけた みれん街 愛の終りをくりかえし

元気の星

子供の頃からエースで4番 白球追いかけ 大人になって 力でつかんだ 背番号