1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石原裕次郎

石原裕次郎の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

赤いハンカチ

アカシヤの 花の下で あの娘が窃っと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ

恋の町札幌

時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました だまってあなたに

くちなしの花

いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ くちなしの花の

サヨナラ横浜

別れの夜を 残り火の 恋の炎で 飾ろうか サヨナラ横浜

ゆうすげの花

誰にも知られずに 日暮れに咲き 夜明け待たずに 散って行く 私は悲しい

旅姿三人男

清水港の 名物は お茶の香りと 男伊達 見たか聞いたか

泣きはしないさ

泣きはしないさ 泣かないさ 花は咲いてもやがて散る 恋の生命は短いものよ 顔を反向けて歩くのは

夜霧よ今夜も有難う

しのび会う恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を 晴れて会える

想い出はアカシア

きれいになったね あのころよりも 幸せなんだろ あいつとふたり めぐり逢えたら

北の旅人

たどりついたら 岬のはずれ 赤い灯が点く ぽつりとひとつ いまでもあなたを

おれの小樽

夕陽とかした 海に染められて 子ども二人が 家路を駈けて行く かえらぬ昔の

泣かせるぜ

離さない もう離さない すがりつく あの娘の 長いまつげが

影を慕いて

まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が想い

港町 涙町 別れ町

港町 別れ町 未練に けむる町 明日は離れて

小樽のひとよ

逢いたい気持が ままならぬ 北国の街は つめたく遠い 粉雪まいちる

わが人生に悔いなし

鏡に映る わが顔に グラスをあげて 乾杯を たった一つの

ブランデーグラス

これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど 淋しくなってしまう 涙ぐんで

緑の地平線

なぜか忘れぬ 人ゆえに 涙かくして 踊る夜は ぬれし瞳に

カスバの女

涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ ここは地の果て

雨に咲く花

およばぬことと 諦めました だけど恋しい あの人よ 儘になるなら

霧にむせぶ夜

涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる

俺は待ってるぜ

霧が流れて むせぶよな波止場 思い出させてヨー また泣ける 海を渡って

雪国の町

川の澱みに 石を投げる 何という寂しい 水の音か 思い出は

夜更けの町 港の町 さいはての町 霧笛が咽ぶ 海峡に

錆びたナイフ

砂山の砂を 指で掘ってたら まっかに錆びた ジャックナイフが 出て来たよ

白い街

この道の はるか彼方の 雲流れる下に 幸福がある ああ

二人の世界

君の横顔 素敵だぜ すねたその瞳が 好きなのさ もっとお寄りよ

青い滑走路

あゝ白い翼が走る あゝ青い滑走路 俺をうらんで 旅発つお前 すがりつくよな

夜霧の慕情

愛しても 愛しても 愛しきれない 君だった 夜霧の中に

嵐を呼ぶ男

俺らはドラマー やくざなドラマー 俺らがおこれば 嵐を呼ぶぜ 喧嘩代りに

全て見る