1. 歌詞検索UtaTen
  2. 石野真子

石野真子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ひとり娘

あじさいの花を見て うつり行く恋の色しのぶ……ひとり娘 いいひととわかっても なぜかしらふみきれず 雨を見つめて

めまい

肩先だけでゆれながら ひとり踊る あなたの好きな サンタナの歌にあわせ 逢えない日暮れ

フォギー・レイン

フォギー・レイン 木の葉を伝って 舞い落ちるしずく 河になるの 旅人たち

白いオルゴール

秋の風が窓を叩く 悲しみを見つけたのね 想い出が渦まく わたしの胸の中に いつのまにか

こっちを向いて

膝小僧がしみて痛い それより心が… ごめんね、ママ 仕事も休んでくれたのに

狼なんか怖くない

あなたも狼に 変わりますか はじめての ルージュの色は 紅過ぎてはいけない

彩りの季節

だから さよなら さよなら 哀愁の季節 いつも誰かを

ガラスの観覧車

想い出しか住めない 硝子の街があるね 誰の胸にも 日付のない愛の物語

恋のハッピー・デート

今でも夢みたい あなたと肩寄せて 落葉の坂道を 歩いているなんて

バーニング・ラブ

めまいを誘う 熱い指先 胸元走る 甘い衝撃に 私は今変わる

春 ラ!ラ!ラ!

春という字は 三人の日と書きます あなたと私と そして誰の日? あなたが好きになる前に

わたしの首領

わたしの首領と 呼ばせて下さい わたしの わたしの首領と 呼ばせて下さい

ハイスクール・クィーン

背のびして唇ふれながら 何げなく片目を開いたら 黄昏が赤く渚を染めて ときめきの夜を運んでくる これ以上心が動いたら

雨の日のジュテーム

私のこころ 乱れています 雨にひらく傘は水色 急ぐ人の波に押されて

VIVA! サンシャイン

ワイドレンズ 入りきらない 真夏の渚は無限大 砂の上 寝そべる私

ボンボン・ブーケ

ボンボン・ブーケ 「頭がいたいの もう帰りましょう……」 わがまま言って

彼が初恋

もう恋とも言えない 想い出だけど あの面影しのべば 涙が出るの 愛の言葉も

プリティー・プリティー

少しぐらいうまく行かないことがあったって そんなにふくれることはないじゃないか 去年よりも みんな大人になって行ったから だからすんなり通らぬこともあるものだよ

失恋記念日

Non No No Non・・・ Non

いたずら

悲しみに挨拶を しなければ 大人の恋は 出来ないのでしょうか 最初からしあわせと

思いっきりサンバ

明日 紺碧の海岸線では 熱い思い出がはじまるはずなの はてしなく華やいで 昨日へはさよなら

お嫁にもらって下さいませんか

やけつく様な Ah… 太陽に 何んとはなしに Hm…

決定的瞬間

嘘をついていたのね アラまだしらばっくれるつもり こんな場面を見られていながら 何でもないなんて 見たのよ決定的瞬間

空にカンバス

白い花びら 占うよに 心の奥で いつもくり返す 言いたいことが

ミモザの季節

あなたと歩けば まぶしい 陽ざし そう あの頃は

私のしあわせ

「誰もが幸せを夢見ているのです 私だって もっと幸せになりたい それは 唄うことですか

私のしあわせパートII

長い旅を終えて 疲れた体を いやしてくれるのは 貴方の笑顔 何にも出来ない

めぐり逢い

週末のカフェの隅で 懐かしい顔が見えた 相変らず陽気そうに 話してたわ

ハートで勝負

ワンペア ツーペアー スリーカード NO! NO!

ジュリーがライバル

Lai la lai la…… Come

全て見る