秋川雅史の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

カルーソー

Qui dove il mare luccica

ありがとう

はじめて握手をしたときに 僕らは友達になったんだ いくつもの出会いの中で 僕らは出会ったんだよ

グラナダ

Granada,tierra sonada por mi, mi

ユー・レイズ・ミー・アップ

When I am down and

旅立ちの日に

白い光の中に 山なみは萌えて 遥かな空の果てまでも 君は飛び立つ 限り無く青い空に

アネモネ -歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲

眠れなくて 見つめている星空 終わりのない夜がくる 想い出はいま

勝つと思うな 思えば負けよ 負けてもともと この胸の 奥に生きてる

山河

人は皆 山河に生まれ 抱かれ 挑み 人は皆

ねがい

覚えていますか いつか一緒に 名付けた星を そこにはあなたを

タイム・トゥ・セイ・グッバイ duet with 半田美和子

Quando sono solo sogno all'

Pride~威風堂々

穏やかな風に 流れる雲 大切な人はどこで見てる 終わることのない雨などない 巡る季節を

追憶のカンパーナ

黄昏の雲が 滲んで溶けた あの日の石畳 鐘が鳴る

君に告げてよ ~Dicitencello Vuie~

Dicitencello a 'sta cumpagna vosta

イヨマンテの夜

アーホイヨーアー イヨマンテ 熊祭り(イヨマンテ) 燃えろ

気球に乗ってどこまでも

ときにはなぜか 大空に 旅してみたくなるものさ 気球に乗って どこまでいこう

防人の詩

おしえてください この世に生きとし生けるものの すべての生命に 限りがあるのならば 海は死にますか

千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません 千の風に

君と旅立とう(「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」ソロバージョン)

Quando sono solo sogno all'orizzonte

愛燦燦

雨 潸々と この身に落ちて わずかばかりの運の悪さを 恨んだりして

お祭りマンボ

私のとなりのおじさんは 神田の生まれで チャキチャキ江戸っ子 お祭りさわぎが大好きで ねじりはちまき

空に星があるように

空に星が あるように 浜辺に砂が あるように ボクの心に

慕情~Love Is A Many Splendored Thing~

Love is a many splendored

美幌峠

夜が明ける 旅がはじまる むらさきの 美幌峠よ おぼえているかい

地上の星 featuring 古澤巌

風の中のすばる 砂の中の銀河 みんな何処へ行った 見送られることもなく 草原のペガサス

ゴッドファーザー~愛のテーマ~

Speak softly love and hold

瑠璃色の地球

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツリ言う 燈台の立つ岬で 暗い海を見ていた

越後獅子の唄

笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの わたしゃ孤児

恋人よ

枯葉散る夕暮れは 来る日の寒さをものがたり 雨に壊れたベンチには 愛をささやく歌もない 恋人よ

目を閉じて 何も見えず 哀しくて目を開ければ 荒野に向かう道より 他に見えるものはなし

鼓動

途切れた時を 途切れた夢を 途切れた空を 繋いで行け 風にまかせた

全て見る