1. 歌詞検索UtaTen
  2. 童謡

童謡の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

ふるさと

兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川 夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷

ドナドナ

ある晴れた昼さがり 市場へ続く道 荷馬車がゴトゴト 子牛を乗せて行く

はないちもんめ

勝ってうれしい花いちもんめ 負けてくやしい花いちもんめ たんす長持ちどの子が欲しい あの子が欲しい あの子じゃわからん

かわいい魚屋さん

かわいい かわいい 魚屋さん ままごと遊びの 魚屋さん

ぶんぶんぶん

ぶんぶんぶん はちがとぶ おいけのまわりに のばらが さいたよ

てるてる坊主

てるてる坊主 てる坊主 あした天気に しておくれ いつかの夢の

世界中のこどもたちが

世界中の こどもたちが いちどに 笑ったら 空も

お誕生日のうた

うれしいな きょうは たのしいな きょうは たんじょうび

キューピーさん

キューピーさん キューピーさん なににそんなに おどろいて 大きな目を

かごめかごめ

かごめ かごめ かごのなかのとりは いついつでやる よあけのばんに

ゆきのこぼうず

雪のこぼうず 雪のこぼうず 屋根におりた つるりとすべって 風にのって消えた

シャボン玉

シャボンだま とんだ やねまで とんだ やねまで

出た出た月が

出た出た 月が まるいまるい まんまるい 盆のような

手のひらを太陽に

ぼくらはみんな 生きている 生きているから 歌うんだ ぼくらはみんな

一年生になったら

いちねんせいに なったら いちねんせいに なったら ともだちひゃくにん

とおりゃんせ

とおりゃんせとおりゃんせ ここはどこのほそみちじゃ てんじんさまのほそみちじゃ ちっととおして くだしゃんせ

早春賦

春は名のみの風の寒さや 谷の 鴬 歌は思えど 時にあらずと声も立てず

ずいずいずっころばし

ずいずい ずっころばし ごまみそ ずい ちゃつぼに

おにのパンツ

おにのパンツは いいパンツ つよいぞ つよいぞ

ともだちになるために

ともだちに なるために 人は 出会うんだよ どこの

お正月

もういくつねると お正月 お正月には 凧あげて こまをまわして

たきび

かきねの かきねの まがりかど たきびだ たきびだ

森のくまさん

あるひ もりの なか くまさんに であった

やまのおんがくか

わたしゃ おんがくか やまの こりす じょうずに

大きな古時計

おおきな のっぽの ふるどけい おじいさんの とけい

ゆき

雪やこんこ 霰やこんこ。 降っては降っては ずんずん積る。 山も野原も

ラジオ体操の歌

新しい朝が来た 希望の朝だ 喜びに胸を開け 大空あおげ ラジオの声に

春よ来い

春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが 赤い鼻緒の

アルプスいちまんじゃく

アルプス いちまんじゃく こやりのうえで アルペンおどりを さあ

アイアイ

アイアイ (アイアイ) アイアイ (アイアイ) おさるさんだよ

全て見る